nicolai_amami

『Nicolai Bergmann - 5 Days in AMAMI』

一般社団法人奄美群島観光物産協会(所在地:鹿児島県奄美市、代表理事:朝山毅)は2015年2月18日(水)~22日(日)の5日間、デンマーク出身で現代フラワーデザインの代名詞といわれる、世界的フラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン氏とコラボレーションし、東京・表参道にて展示会『Nicolai Bergmann - 5 Days in AMAMI』を開催いたします。

この展示会は平成26年度奄美群島交流需要喚起対策特別事業(インバウンド需要喚起対策事業)を活用して実施される「IRODORI AMAMI」キャンペーンの一環として行われるもので、2014年7月に奄美大島に直行便を就航したANAホールディングス100%出資のレジャー・リゾートLCC、バニラエア(所在地:千葉県成田市、代表取締役社長:石井知祥)が企画・実施を手掛けます。

展示会の実施に先駆けて、ニコライ・バーグマン氏は奄美群島を訪問。アマミノクロウサギやルリカケスなどの希少野生動植物が生息する手つかずの亜熱帯の森、透き通った美しい海に棲むサンゴ礁など、滞在中に受けたインスピレーションを源に、独自の感性で奄美群島の力強くも美しい大自然を写真とフラワーアートの世界で表現いたします。また、展示会期間中には、ニコライ・バーグマン氏が奄美群島をイメージしてデザインした、限定のフラワーボックス【AMAMI】が発売され、その売上の一部は自然維持のために奄美群島へと寄付されます。

九州本土の南に位置するトカラ列島と沖縄諸島との間に連なる8つの有人島(※)からなる奄美群島は、その独自の生態系から“東洋のガラパゴス”とも称され、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界自然遺産登録を目指している注目の地域です。

本企画が奄美群島ならではの豊かな自然を多くの方に触れ、感じていただくきっかけになることを期待しています。

(※)奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島

Nicolai Bergmann Nicolai Bergmann (ニコライ・バーグマン)/フラワーアーティスト

1976年デンマーク・コペンハーゲン生まれ。 その活動の幅は広く、フラワーデザインはもとより、ファッションやデザインの分野で世界有数の企業と共同デザインプロジェクトを手がける、今や日本でもっとも有名なフラワーアーティストの一人である。ヨーロピアンスタイルをベースに、北欧のテイストと細部にまでこだわる日本の感性を組み合わせた独自のスタイルをコンセプトとし、モダンでスタイリッシュなデザインや、印象深いカラーグラデーション、造形的なフォルムなど、ディスプレイという枠を超え、ひとつの芸術作品ともいえる完成度の高いデザインを誇っている。

現在、国内にフラワーショップを4店舗、空間を演出するデンマークスタイルのインテリア&ライフスタイルショップを東京ミッドタウンに展開。5つ星ホテル「シャングリ・ラ ホテル 東京」では、全館のフラワーデザインプロデュースを手がけている。2013年11月、自ら編集を手掛けるマガジン『FUTURE BLOOM』を創刊。

2014年10月展示会「1100年の伝統と革新的なフラワーアートの融合 ニコライ・バーグマン 『伝統開花』 」を福岡・太宰府天満宮にて開催。 日本の伝統美を敬うニコライ・バーグマンが太宰府天満宮の1100年以上の伝統と歴史からインスピレーションを受けて新作品を披露し、大盛況のうちに幕を閉じた。フラワーアーティストとして、クリエイターとして、またビジネスマンとしてワールドワイドに活躍の場を広げている。

概要

【日時】
2015年2月18日(水)~2月22日(日)10:00~20:00(※店舗営業時間内)

【内容】
- ニコライ・バーグマン氏による、奄美群島をモチーフとしたフラワーアート作品および写真の展示-
期間限定フラワーボックス「AMAMI」の販売

【入場料】
無料

【場所】
ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストア 2F

【住所】
東京都港区南青山5-7-2

【アクセス】
東京メトロ表参道駅(B3出口)より徒歩2分

FlagshipStore

本件に関するお問い合わせ先

プレス窓口

『Nicolai Bergmann -5days in AMAMI』
PR事務局(バニラエア内)
amami-pr@vanilla-air.com

キャンペーン公式サイト

/IRODORIAMAMI

ニコライ・バーグマン
ブランドサイト

logo