読み込み中

読み込み中…

ご注意:
当ウェブサイトはスマートフォンからのご予約または推奨環境以外での動作保証をしておりません。 ご予約が正常に完了しない場合がございます。
各ブラウザーは最新のものをダウンロード、インストールしてご利用ください。推奨環境についてはこちら

申し訳ございません。正常に予約を進めることができませんでした。
恐れ入りますが、再度ANAマイレージクラブサイトよりご予約をお試しください。
マイルのみ減算されている場合は、大変お手数ですがバニラエア予約センターへお問合せください。

注意事項

必ずお読みください

■ バニラエア特典航空券に関する注意点
  • ※ご予約は1区間(片道)からご予約になれます。
  • ※国際線は別途空港使用料が必要です。
  • ※特典航空券の払い戻しはできません。
  • ※予約変更は、当ウェブサイトおよびバニラエアホームページでは承れませんので、バニラエア予約センターにてお手続きください。
    また、変更手数料として、お一人様1区間につき4,000円*の変更手数料が必要です。
  • ※バニラエア特典航空券には、20KGまでの受託手荷物料金が含まれていますが、超過手荷物料金・定形外手荷物料金は含まれていません。
    また事前座席指定には別途料金が必要です。当ウェブサイトにてご予約ください。
  • ※「予約変更」を除く各種手続き(新規予約、受託手荷物追加、事前座席指定等も含む)をバニラエア予約センターもしくは空港カウンターにて行う際は、別途手数料が必要です。
    予約センター:1人1対応毎 1,000円
    空港カウンター:1人1対応毎 2,000円
  • ※バニラエア特典航空券ご利用における各種お支払いは、クレジットカード(VISA・MASTER・JCB加盟の各種クレジットカード)のみになります。
  • ※バニラエアのサービスはANAと異なる点がありますので、必ずバニラエアホームページにてサービス内容をご確認ください(バニラエアの利用規約が適用されます)。
  • サービスに関するご質問はバニラエア予約センターにお問い合わせください。
  • また、ご利用についてはバニラエアの運送約款に基づきます。詳細についてはこちらよりご確認ください。
  • * 記載の金額は、日本発又は日本国内線旅程の設定金額であり、出発地が日本以外の場合、出発国の通貨が日本円でレート換算されます。
■お申し込みにあたって
  • ※お申込みにあたっては、旅程表の送付やスケジュール変更、欠航等の連絡に使用するメールアドレスが必要です。
    ご用意のうえお申込みください。
  • アドレスはドメイン「@vanilla-air.com」を受信できるよう設定をお願いします。

有効期限

有効期限はありません。ただし、ご予約便の1営業日前までに変更されなかった場合、当該航空券は無効になります。

予約期間

  • 受付開始日:バニラエアの一般航空券発売日※2に基づき、都度決定の上、お知らせいたします。
  • 申込期限:ご搭乗の4日前(予約日を含まず)
  • 【例】 2015年4月8日(水)のご出発の予約は、2015年4月4日(土)がお申し込みの期限です。
  • ※2 バニラエアは通常、3月末~10月末分を1~2月、10月末~3月末分を8~9月に一斉発売いたします。
  • ※バニラエア特典航空券は「空席待ち」およびご予約のない「オープン発券」はできません。

お預け手荷物

お一人様あたり20kgまで無料です。

  • ※20kg以内であれば、お手荷物の個数に制限はありません。
  • ※20kgを超えるお手荷物に対しては、重量に応じて別途超過手荷物料金がかかります。
  • ※定形外サイズ(スポーツ用品・楽器など)のお荷物は、別途取り扱い手数料がかかります。
    料金、お支払い方法等の詳細はバニラエアホームページにてご確認ください。

事前座席指定

事前座席指定をご利用の場合は、座席指定料が必要です。
特典航空券ご予約確定後にバニラエアホームページでの追加ご予約も可能です。
※座席の詳細および料金、ご指定の際の注意事項についてはバニラエアホームページにてご確認ください。
※バニラエア予約センター又は空港カウンターでの座席指定は、別途手数料がかかります。

乳幼児・小児のご利用

■ 乳幼児

乳幼児(生後8日から2歳未満のお子様)が座席をご利用の場合、大人と同じマイル数が必要です。
乳幼児が座席を利用しない場合は、バニラエアの定める運賃(1区間あたり1,500円*)が必要です。

* 記載の金額は、日本発又は日本国内線旅程の設定金額であり、出発地が日本以外の場合、出発国の通貨が日本円でレート換算されます。

■ 小児

小児(2歳以上12歳未満のお子様)が特典航空券をご利用の場合、大人と同じマイル数が必要になります。

お申込後の変更

お一人様1区間につき変更手数料4,000円*にて、日付と同区間でのバニラエア便への変更が可能です。
  • * 記載の金額は、日本発又は日本国内線旅程の設定金額であり、出発地が日本以外の場合、出発国の通貨が日本円でレート換算されます。
  • ※ご搭乗者およびマイルご提供者の名義および区間、区間数の変更はできません。
  • ※予約変更手続きはバニラエア予約センターへご連絡ください。
  • ※空港では変更手続きを承れません。また、ANA(国内・国際)予約・案内センターやANAマイレージクラブ・サービスセンターでもお手続きは承れません。
  • ※ご予約便の変更は、変更希望便出発日の1営業日前(出発日を含まず)まで、かつ元々のご予約便出発日の1営業日前までバニラエア予約センターにて受付いたします。
  • ※通常必要マイル数で既に予約・発券されている特典航空券については、対象搭乗期間・路線であってもマイル減額の適用はできません。

払い戻し

お客様のご都合による払い戻しはできません。あらかじめご了承ください。

※他の特典に交換することもできません。

遅延・欠航時の振り替え・払い戻し条件

悪天候などの不可抗力事由や、機材整備・故障などバニラエアに起因する便の遅延・欠航が発生した場合は、バニラエア便への振り替えもしくはマイルを払い戻しいたします。なお、遅延・欠航に伴う振り替え・払い戻しはバニラエアの運送約款に基づきます。

■ バニラエア便への振り替え

バニラエア予約センター、またはバニラエア空港カウンターにご申告いただき、バニラエアが指定する期間内かつ同区間のバニラエア便へ振り替えが可能です。
※バニラエア便以外への振り替えはできません。

■ 航空券をキャンセルし、マイルを払い戻す場合

ご搭乗予定日から30日間以内に「欠航便・空港税払い戻し専用申請フォーム」より払い戻しのお手続きを行ってください。
※払戻手数料はいただきません。

■ 全区間未使用の場合

特典航空券の交換時に使用されたマイルの積算月に準じて、減算元の各月口座へ全額マイルの払い戻しをいたします。

■ 一部使用済みの場合
  • 特典航空券の交換時に使用されたマイルのうち、払戻対象区間に相当するマイル数を、減算元の各月口座へ払い戻しいたします。
  • 【単純往復をご利用の場合】
  • 払い戻すマイル数=単純往復必要マイル数の半分マイル数
  • 【単純往復ではない複数区間をご利用の場合】
  • 払い戻すマイル数=キャンセルになった区間の片道必要マイル数
  • ※マイルの払い戻しは、申告日から約1ヵ月後にマイル口座へ払い戻しいたします。払い戻し時点で有効期限を過ぎているマイルは払い戻しできません。
  • ※空港使用料等はお支払いただいたクレジットカードの口座へ払い戻しいたします。
その他のご注意
  • ※バニラエア特典航空券にはご利用できない期間はありません。ただし、ご利用になれる座席には限りがあります。
    また、有償航空券席に空席がある場合でも特典航空券ではご利用になれない場合があります。
  • ※航空券は旅程の順序通りにご利用ください。
  • ※ANAプレミアムメンバーサービスはご利用いただけませんのでご了承ください。
  • ※必要マイル数は予告なく変更される場合があります。

バニラ・エア株式会社 プライバシーポリシー

1.適用範囲

プライバシーポリシーは、お客様がバニラ・エア株式会社のサービス・商品をご利用されるときに適用されます。

2.個人情報の利用目的

お客様の個人情報は、以下の目的で取得し、利用します。
[1] 航空運送サービスにおける予約、航空券販売、チェックイン、空港ハンドリング、機内サービス
[2] 連帯運送、共同引受、コードシェア、相次運送および受託運送における予約、航空券販売およびチェックイン、空港ハンドリング
[3] バニラ・エア株式会社が取扱うその他のサービス・商品の案内、提供および管理
[4] 上記[1]~[3]に付帯・関連するすべての業務
[5] バニラ・エア株式会社のサービス・商品等に関するアンケートの実施
[6] 新たなサービス・商品の開発
[7] 各種イベント、キャンペーンの案内、運営、管理および各種情報の提供
[8] バニラ・エア株式会社のサービス・商品提供に関する連絡
[9] バニラ・エア株式会社グループ会社・提携先企業等が取扱うサービス・商品、各種イベント、キャンペーンの案内、運営、管理および各種情報の提供
[10] 問い合わせ、依頼等への対応

3.個人情報の取得

お客様の個人情報の取得は、適正かつ公正な手段によって行います。

4.第三者への開示・提供

バニラ・エア株式会社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、お客様の個人情報を第三者へ開示または提供しません。なお、共同利用の場合および業務委託先への提供の場合は第三者への開示または提供にあたりません。
[1] お客様ご本人の同意がある場合
[2] 法令に基づき開示、提供を求められた場合
[3] 人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合
[4] 国または地方公共団体等が公的な事務を実施する上で、協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障が出るおそれがある場合
[5] 情報提供にあたりあらかじめ(1)第三者への提供を利用目的とすること、(2)第三者に提供される個人データの項目、(3)第三者への提供の手段または方法、(4)本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止すること、の情報を本人に通知し、または本人が容易に知りうる状態に置いておくとともに、本人の求めに応じて第三者への提供を停止する場合
[6] 統計的なデータなど本人を識別できない状態で開示・提供する場合
[7] 合併、会社分割、営業譲渡その他の事由による事業の承継に伴って、提供する場合

5.業務の委託

バニラ・エア株式会社は、業務の一部を委託し、業務委託先に対して必要な範囲で個人情報を提供することがあります。この場合、これらの業務委託先との間で取扱いに関する契約の締結をはじめ、適切な監督を行います。

6.個人情報の管理について

お客様の個人情報は、適切な管理を行うとともに、漏洩、減失、改ざん等の防止のために最大限の注意を払っています。お客様の個人情報の保護と適切な取扱いに関して、役員および従業者に対し社内教育を行います。また、利用目的に応じて個人情報の保存期間を別途定め、当該期間経過後はこれを適切な方法で廃棄いたします。

7.開示、訂正、削除、追加、利用停止、消去について

バニラ・エア株式会社の保有個人データについて、お客様ご自身より所定の方法にて(1)開示、(2)訂正、削除、追加、または(3)利用停止、消去のご請求を頂いた場合は、請求者がご本人であることを確認させていただいた上で、合理的な期間および範囲で以下の対応をいたします。ただし、ご本人または第三者の生命、健康、財産等を害するおそれがある場合、バニラ・エア株式会社の業務の実施に著しい支障を生じる場合、あるいはその他法令に違反することになる場合は、その全部または一部のご請求に応じられないことがございます。

(1) 開示について回答いたします。
(2) 訂正、削除、追加について、ご請求内容を調査の上、必要に応じ内容の訂正等を行います。
(3) 利用停止または消去を行います。ただし、利用停止や消去により、不本意ながらご要望に沿ったサービスの提供ができなくなることがございますので、あらかじめご了承の上ご請求ください。

8.開示等の請求方法およびお問い合わせ

バニラ・エア株式会社の保有個人データに関する前項のご請求およびその他の個人情報に関するお問い合わせは、以下の方法で行います。直接のご来社による申し出は受けかねますので、ご了承ください。ただし、いずれの場合も本人確認ができない場合はお断りしておりますので予めご了承ください。

[1]受付窓口 開示、訂正、削除、追加、利用停止・消去および利用目的の通知の依頼は、下記宛に郵送により受付をしています。
〒282-0004
千葉県成田市成田古込1番地1
バニラ・エア株式会社 人事・総務部個人情報取扱い担当

[2] 開示に際して
「開示等の依頼」をされる場合には、本人確認のための書類のコピーを同封の上ご郵送ください。

本人確認のための書類
運転免許証、旅券(パスポート)、健康保険の被保険者証、写真付き住民基本台帳カード、年金手帳、身体障害者手帳、外国人登録証明書の写し、印鑑登録証明書のいずれか2点のコピー

9.プライバシーポリシーの適用と変更

このプライバシーポリシーでは、バニラ・エア株式会社におけるお客様の個人情報のお取扱いについてご説明しており、バニラ・エア株式会社のサービス・商品をご利用のお客様は、このプライバシーポリシーの内容を十分ご理解いただきご同意いただいたものとみなします。
なお、バニラ・エア株式会社は、このプライバシーポリシーをいつでも変更することができるものとします。

(2013年11月1日現在)

ウェブサイトでの情報の取扱いについて

ここでは、バニラ・エア株式会社のウェブサイトにおける個人情報の取扱い等について規定しています。弊社全体としての個人情報の各種お取扱い等については、「バニラ・エア株式会社プライバシーポリシー」をご覧下さい。

1.はじめに

バニラ・エア株式会社は、このウェブサイト(以下「本ウェブサイト」といいます)における情報の取扱いを「バニラ・エア株式会社プライバシーポリシー」に基づき次のとおり定め、お客様が安心してご利用頂けるよう、本ウェブサイトの運営・管理に努めます。

当ウェブサイトをご利用いただくお客様は、以下の内容を十分ご理解いただきご同意いただいているものとみなします。
■適用範囲
当プライバシーポリシーは、お客様が当ウェブサイト(vanilla-air.comドメイン)を利用しているときに適用され、他社が運営するサイトには適用されません。当ウェブサイトでは、お客様に対し有用な情報・サービスを提供するために、他のウェブサイトへのリンクを紹介しております。プライバシーポリシーはリンク先のサイトには適用されません。それぞれのサイトにアクセスされる際はそれぞれ独自のプライバシー保護に関する声明内容を確認されることをお勧めします。

2.セキュリティ

■個人情報を保護するセキュリティ技術
お客様から個人情報をご提供頂く際には、通信途上における第三者の不正なアクセスに備え、暗号化技術であるSSL(secure sockets layer)による個人情報の暗号化またはこれに準ずるセキュリティ技術を施し、安全性を確保しております。また、第三者の不正なアクセスによる個人情報の漏洩・流用・改ざん等を防止するため、ファイアウォール設置・コンピュータウイルス対策、その他合理的なセキュリティ対策を講じ、お客様の個人情報の安全確保に努めております。

3.閲覧情報の収集

■サイト閲覧について
当社では、お客様の当社ウェブサイト閲覧に際して、サービスを快適にご利用いただくために以下の情報を収集しております。
[1]クッキー*1/携帯端末の固体識別番号*2の使用について
当社では、下記情報の提供を目的として、クッキー/携帯端末固体識別番号の収集を行います。
バニラエア会員向けサービスへのログイン情報
お客様向けにパーソナライズされたページ内の情報
トップページの設定情報
各種キャンペーンなどの登録情報
閲覧履歴情報 (Webビーコン*3を使用)

お客様は、インターネットの閲覧ソフト(ブラウザ)の設定によりいつでもクッキーの受け取り拒否をすることが可能です。お客様の信頼されるWebサイトにのみクッキーの使用を許可する設定にされておくことをおすすめいたします。ただし、クッキーがない場合、反応速度が著しく低下することもありますので、ご注意ください。
[2]IPアドレス*4の使用について
当社では、お客様の地域にあった情報の提供を目的としてIPアドレスの収集を行います。お客様が当社のウェブサイトを閲覧すると、お客様のIPアドレスよりアクセスされている地域を判別しますが、お客様を特定することはありません。

■第三者によるクッキー情報取得
当ウェブサイトでは、第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して、当該第三者が、当ウェブサイトを訪問したお客様のクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。当該第三者によって取得されたクッキー情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。お客様は、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。

■電子メール配信について
当社は、お客様に電子メールを配信するにあたり、以下の情報を取得する場合がございます。
HTMLメールの開封またはプレビュー状況(Webビーコン*3を使用)
電子メール(HTMLメール及びテキストメール)から弊社ウェブサイトへのアクセス情報

*1 クッキーとは
1. クッキーとは、利用者が当ウェブサイトを利用したという情報を、当該利用者のコンピュータ内に記憶させておく機能をいい、クッキーを通じて収集する情報には、メールアドレスや氏名などの個人を特定できる情報は一切含まれません。
2. 当社は本プライバシーポリシーの 「[1]クッキー/携帯端末の固有識別番号の使用について」に掲げる目的達成に必要な範囲で、クッキーを通じて収集する情報を第三者に提供することができるものとします。
3. 利用者は各目的に定めるクッキー使用の有無を利用者自身で選択できるものとし、利用者が使用するウェブブラウザの設定方法に従い利用者が設定するものとします。なお、利用者がクッキーを使用したうえで本ウェブサイトを利用した場合、利用者は本ウェブサイトを利用したという情報を当社が利用等することについて同意したものとします。
※当ウェブサイトの機能を十分に活用していただくことができるようにするため、クッキーを受け付ける設定にしておくことをおすすめいたします。
*2 個体識別番号とは 電話番号に基づいた携帯電話の識別番号です。
*3 Webビーコンとは Webビーコンとは目には見えない小さな画像(1×1ピクセルの画像GIF)をウェブページやHTML形式の電子メールに埋め込むことで閲覧したという情報を収集するための仕組みをさします。これによりお客様のウェブページの閲覧情報/電子メールの開封/プレビュー状況を蓄積いたします。
*4 IPアドレスとは 各種ウェブサイトを閲覧する際にお客様のコンピュータに自動的に割り当てられる数字です。ウェブサーバ(ホームページを提供するコンピュータ)は、IPアドレスからお客様のコンピュータを自動的に認識し、通信を行っています。

利用規約

バニラ・エア株式会社のホームページ「vanilla-air.com」(以下、「当ウェブサイト」といいます。)をご利用される前に、下記のご利用条件をよくお読みいただき、ご同意の上ご利用いただくようお願い申し上げます。万一ご同意いただけない場合には、大変申し訳ございませんがご利用をお控えください。ご利用いただいた場合には、下記の条件すべてにご同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。また、当ウェブサイト内の各コーナーにおいて別途利用規約を定めている場合は、各コーナーの利用規約についても同様によくお読み頂き、ご同意の上ご利用ください。

利用規約の範囲について

1. このお客様利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、当ウェブサイトを使用した情報提供サービスとバニラ・エア株式会社によって提供される各種インターネットサービス(それらを総称して以下、「本サービス」といいます。)の利用に対して適用されます。

2. 本規約とは別にバニラ・エア株式会社が本サービス上に別途定める諸規定は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。

3. 本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる場合には、当該諸規定の内容が優先して適用されるものとします。

利用規約の変更について

1. バニラ・エア株式会社はお客様の了解を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合に、本サービスのご利用条件は、変更後の最新の本規約によるものとしますので、最新の内容をご確認くださいますようお願い申し上げます。

2. 変更後の本規約は、バニラ・エア株式会社が別途定める場合を除き、当ウェブサイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

Webサイトの閲覧環境について

1. お客様は、自己の責任と負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、電話利用契約およびインターネット接続契約等を準備していただきます。また、本サービス利用に関わる通信料、接続料等はお客様にご負担いただくものとさせていただきます。

2. 当ウェブサイトは以下に示す推奨環境でご利用いただくと快適にご覧いただけます。
Microsoft Internet Explorer 7以上
Google Chrome 29.0以上
FireFox 23.0以上
Safari 6.0以上

利用者の義務・責任について

お客様は、本サービスの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1) バニラ・エア株式会社もしくは提携企業等の権利を侵害する行為、および侵害するおそれのある行為
(2) バニラ・エア株式会社もしくは提携企業等の財産を侵害する行為、および侵害するおそれのある行為
(3) 上記(1)(2)の他、バニラ・エア株式会社もしくは提携企業等に損害を与える行為、および与えるおそれのある行為
(4) 当ウェブサイトで使用するIDおよびパスワードを不正に使用する行為
(5) 他人のIDまたはパスワードを不正に使用する行為
(6) IDまたはパスワードを第三者に譲渡または使用させる行為
(7) コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為
(8) クレジットカードを不正使用して本サービスを利用する行為
(9) 予約等に当たって、虚偽、不当な申し込みをする行為
(10) 他者の代わりに、本人の承諾なく予約の申し込みをする行為
(11) 本サービスの運営を不当に妨害し、バニラ・エア株式会社に不利益を生じさせること、またはそのおそれがある行為
(12) バニラ・エア株式会社または第三者の著作権等の知的財産権、その他の権利を侵害する行為
(13) バニラ・エア株式会社または第三者を誹謗中傷し、または名誉もしくは信用を傷つけるような行為
(14) 他の利用者が本サービスを利用することを妨げる行為
(15) バニラ・エア株式会社または第三者の財産、プライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(16) 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類する行為
(17) 公序良俗に反し、または反するおそれのある行為
(18) 法令に違反し、または違反するおそれのある行為
(19) 犯罪的行為、もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
(20) その他、バニラ・エア株式会社が不適切と判断する行為

利用者が問題を起こした場合の取り決めについて

1. お客様の本規約に反した行為または不正もしくは違法な行為によりバニラ・エア株式会社または提携企業が損害を受けた場合には、当該お客様に対して損害賠償の請求をする場合があります。

2. お客様と第三者との間で起きた紛争
お客様が第三者に対して与えた損害等に関しては、お客様の責任と負担において解決するものとし、バニラ・エア株式会社は責任を負いません。

事業者の免責について

1. バニラ・エア株式会社では、信頼できる情報を利用者の皆様へお届けすべく努力をしていますが、サービスの品質につきましては、情報の適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性その他、保証を致しません。

2. 当ウェブサイトのご利用は、すべて利用者ご自身の責任において行っていただくようお願い致します。

3. バニラ・エア株式会社は、当ウェブサイトのご利用またはご利用不能により生じる損害につき、バニラ・エア株式会社の故意または重過失による損害を除き、責任を負わないものとします。

4. お客様は、本サービスにおいて、提携企業等により提供されるサービス及び商品等(以下「サービス等」という。)に係る瑕疵担保責任を含む法的責任が当該サービス等を提供した提携企業等に帰属していることに同意します。

5. バニラ・エア株式会社は、当ウェブサイトのご利用に起因するソフトウェア、ハードウェア上の事故、通信環境の障害、お客様と第三者の間において生じたトラブル、その他の事故等によるすべての損害について、責任を負いません。

事業者のサイト停止・中断・変更について

1. バニラ・エア株式会社は、お客様に事前に通知することなく、本サービスの内容を変更または終了することがあります。

2. バニラ・エア株式会社は、お客様が、前項の変更等に伴い被った不利益、損害についても、責任を負いません。

3. バニラ・エア株式会社は、以下の何れかの事由に該当する場合、お客様に事前に通知することなく本サービスの一部もしくは全部を中断又は停止することがあります。
(1) 各サービスの提供のための装置、システムの保守点検、更新を定期的に又は、緊急に行う場合
(2) 火災、停電、天災等不可抗力により、各サービスの提供が困難な場合
(3) 第一種電気通信事業者の役務が提供されない場合
(4) その他、運用上あるいは技術上当社が各サービスの一時中断、もしくは、停止が必要であるか、又は当社が各サービスの提供が困難と判断した場合

4. 当社は、各サービスの提供の一時中断、停止等の発生により、利用者又は第三者が被った不利益、損害について、責任を負いません。

利用者に関する情報の取扱いについて

バニラ・エア株式会社は、別途掲示するプライバシーポリシーに基づきお客様の個人情報を取扱うものとし、お客様は本ポリシーをよくお読みいただき、これにご同意のうえ、本サービスをご利用いただくものとします。

知的財産権(著作権、商標等)について

1. 当ウェブサイト上のすべての著作物、肖像、キャラクター、マーク、その他の情報は、バニラ・エア株式会社ないしその提供者が著作権等の知的財産権、またはその使用権その他の権利を有しております。当ウェブサイトのダウンロード、プリントアウトその他の方法による複製は、個人的または家庭内での限られた範囲における私的使用に限らせていただきます。当ウェブサイト内の情報およびプログラムを、他のホームページや印刷物に転用(コピー、アップロード、掲載、引用など)することはお控えください。その他著作権法で認められている範囲を超えて、当ウェブサイトに掲載されているコンテンツを無断で使用することはお控えください。

2. 当ウェブサイトに表示されている商標(トレードマークやサービスマーク)に関する権利は、バニラ・エア株式会社またはバニラ・エア株式会社にその使用を認めた権利者に帰属します。権利者に無断で使用することはお控えください。

事業者サイトからのリンクについて

当ウェブサイトへリンクをご希望の方は、本規約をよくお読みいただき、ご同意の上お申し込み下さい。バニラ・エア株式会社よりご連絡させていただきます。

準拠法、紛争解決、管轄裁判所について

本規約および本サービスの利用に係る契約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

1. 本規約および本サービスの利用に係る契約に関連して、バニラ・エア株式会社または提携企業等とお客様との間で紛争が生じた場合には、当事者間において、誠意をもって協議し、その解決に努力するものとします。

2. 本規約および本サービスの利用に関してバニラ・エア株式会社との間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を専属の合意管轄裁判所とします。

2013年11月1日

バニラ・エア株式会社 国内・国際旅客運送約款

Download Vanilla Air Inc. Conditions of Carriage

第1条 定義

「予定寄航地」とは、出発地及び到達地を除く地点で、旅客の旅程上の予定された経由地として航空券若しくはそれに結合して発行された関連航空券に記載若しくは記録され、又は運送人の時刻表に表示された地点をいいます。
「適用法令等」とは、法律、政令及び省令並びに官公署のその他の規制、規則、命令、要求及び要件で、当社が行う旅客又は手荷物の運送に適用されるものをいいます。
「指定代理店」とは、運送人の行う航空旅客運送サービス及び当該運送人によって権限を与えられた場合には他の運送人の行う航空旅客運送サービスについて、運送人を代理して販売するよう指定された旅客販売代理店をいいます。
「手荷物」とは、旅行にあたり旅客の着用、使用、娯楽又は便宜のために必要な、又は適当な、旅客の物品、身廻品その他の携帯品をいい、別段の定めのない限り、受託手荷物及び持込手荷物の両方を含みます。
「手荷物料金」とは、旅客が、受託手荷物の運送に関して、当社規則の定めに従い支払う料金をいいます。
「手荷物合符」とは、受託手荷物の識別のために運送人が発行する証票で、運送人により個々の受託手荷物に取り付けられる手荷物合符(添付合符)と旅客に交付される手荷物合符(引換合符)とをいいます。
「運送」とは、無償又は有償での旅客又は手荷物の航空運送をいいます。
「運送人」とは、航空運送人をいい、航空券を発行する航空運送人及びその航空券により旅客若しくは手荷物を運送し又は当該航空運送に付随するその他の業務を行い若しくはそれを引き受けるすべての航空運送人を含みます。
「航空便の変更」とは、正当な航空券に記載若しくは記録された航空便を変更することをいいます。
「受託手荷物」とは、運送人が保管する手荷物で、運送人が手荷物合符を発行したものをいいます。
「小児」とは、運送開始日時点で、満2歳の誕生日を迎えているが、未だ満12歳の誕生日を迎えていない人をいいます。
「関連航空券」とは、同一の旅客に対し、ある航空券に関連しこれと結合して発行される航空券で、それらの航空券が一体となって単一の運送契約をなすものをいいます。
「条約」とは、次のいずれかの文書のうち、当該運送契約に適用になるものをいいます。
1929年10月12日ワルソーで署名された「国際航空運送についてのある規則の統一に関する条約」(以下「ワルソー条約」といいます。)。
1955年9月28日ヘーグで署名された「1955年にヘーグで改正されたワルソー条約」。
1975年のモントリオール第一追加議定書で改正されたワルソー条約。
1975年のモントリオール第二追加議定書で改正された、1955年にヘーグで改正されたワルソー条約。
1999年5月28日モントリオールで締結された「国際航空運送についてのある規則の統一に関する条約」(以下「モントリオール条約」といいます。)。
「日」とは、暦日をいい、すべての曜日を含みます。ただし、通知のための日数計算にあたっては、通知を発した日を算入しません。また有効期間を決めるための日数計算にあたっては、航空券を発行した日又は航空旅行を開始した日を算入しません。
「到達地」とは、運送契約上の最終目的地をいいます。出発地に戻る旅程の場合は、到達地と出発地は同一です。
「国内運送」とは、運送契約上の出発地、及び到達地又は予定寄航地が全て日本国内にある運送をいいます。
「電子搭乗用片」とは、当社のデータベースに記録される形式の搭乗用片をいいます。
「電子航空券」とは、運送人又はその指定代理店により発行されるeチケットお客様控及び電子搭乗用片をいいます。
「付帯サービス付運賃」とは、運送契約の条件に、旅客運送の運賃のほか、航空便の変更、座席の指定、受託手荷物の運送及びその他の事項につき当社規則に定める条件にて無償で権利を行使できる旨の条件を含むものをいいます。
「フランス金フラン」とは、純分1000分の900の金65.5ミリグラムからなるフランスフランをいいます。フランス金フランは、各国の通貨の端数のない額に換算することができます。
「乳幼児」とは、運送開始日時点で、生後8日後、満2歳の誕生日を迎えていない人をいいます。
「国際運送」とは、条約が適用される場合の他、運送契約上の出発地、及び到達地又は予定寄航地が2国以上にある運送をいいます。この定義で使用する「国」には、主権、宗主権、委任統治、権力又は信託統治の下にある全地域を含みます。
「eチケットお客様控」とは、電子航空券の一部をなす書類で、旅程、航空券に関する情報、運送契約の条件の一部及び諸通知が記載され、旅客にとって運送契約の証拠書類となるものをいいます。
「旅客」とは、運送人の同意の下に航空機で運送される人をいいます。ただし、乗務員を除きます。
「SDR」とは、国際通貨基金の定める特別引出権をいいます。SDR建で示された額の各国通貨への換算は、訴訟の場合には、最終口頭弁論終結の日の当該通貨のSDR価値により、また、訴訟以外の場合には、支払うべき損害賠償金額の確定した日、又は、手荷物の価額を申告した日の当該通貨のSDR価値により行なうものとします。
「途中降機」とは、運送人が事前に承認したもので、出発地と到達地との間の地点で旅客が行う旅行の計画的中断をいいます。
「航空券」とは、電子航空券をいいます。航空券には、運送契約の条件の一部及び諸通知が記載若しくは記録されており、電子搭乗用片及びeチケットお客様控が含まれます。
「持込手荷物」とは、受託手荷物以外の手荷物をいいます。
「当社」とは、バニラ・エア株式会社をいいます。
「当社規則」とは、この約款以外の旅客又は手荷物の国際運送及び国内運送に関する当社の規則及び規定(運賃、料率及び料金の表を含みます。)をいいます。

第2条 約款の適用

A) 総則
この約款及び当社規則の定めは、条約で認められ、かつ、この約款上明文の規定がある場合を除き、条約上のいかなる規定をも修正し、又はいかなる権利をも放棄するものではありません。

B) 旅客の同意
旅客は、この約款、同約款に基づいて定められた規定、及び約款において準拠する当社規則を承認し、同意したものとします。

C) 適用
この約款は、条約と抵触しない範囲において、この約款に関連して公示された運賃、料率及び料金により当社が行う国際運送及び国内運送にかかる旅客又は手荷物のすべての運送及びこれに付随するすべての業務に対して適用されます。

D) 優待搭乗
優待搭乗に関しては、当社はこの約款の一部の適用を排除する場合があります。

E) 貸切運送
当社との貸切運送契約に従い行われる旅客又は手荷物の運送には、貸切航空便による運送に関する当社の約款が適用されます。

F) 約款又は当社規則の変更
適用法令等により禁止される場合を除き、当社は、この約款又は当社規則を予告なしに変更することがあります。ただし、当該変更は、運送開始後においては当該運送に関わる契約条件を変更するものではありません。

G) 適用約款
旅客又は手荷物の運送は、航空券の最初の電子搭乗用片により行われる運送の開始日に有効なこの約款及び当社規則の定めに従います。

H) 準拠法及び管轄
1. この約款に関連して公示された運賃、料率及び料金により当社が行う旅客又は手荷物のすべての運送及びこれに付随するすべての業務に関する事項については、原則として条約が適用されるものとします。ただし、条約の適用を受けない旅客又は手荷物の運送及びこれに付随する業務に関する事項については、抵触法の如何にかかわらず日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。
2. この約款に基づく運送に関する紛争については、条約と抵触しない範囲において、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第3条 コードシェア

1. 当社は、他の運送人とコードシェア契約を締結し、当社以外の運送人が運航する便に当社の便名を付与し、旅客と契約する運送を行います。
2. 他の運送人が運航するコードシェア便については、当社は、予約の際運航する他の運送人を旅客に通知します。
3. 他の運送人が運航する運送において、次のいずれかの項目については、運航を行う他の運送人の当社と異なる規則が適用となることがあります。
(a) 7条B項に定める当社の都合による航空便の変更に関する事項
(b) 9条に定める搭乗手続に関する事項
(c) 10条A項及びC項に定める運送の拒否及び制限に関する事項
(d) 11条に定める手荷物の運送の制限、手荷物許容量及び超過手荷物料金並びに動物の運送の引受けに関する事項
(e) 12条B項2号に定める予約の取消しに関する事項

第4条 航空券

A) 総則
1. 旅客が運賃、料金、税金若しくは手数料を支払わない場合、又は当社が承認する後払契約の要件に従わない場合には、当社は、旅客に航空券を発行または再発行しません。
2. 旅客の申出により、座席が予約された航空便の変更を行う毎に、当社規則に定める変更手数料が適用となります。なお、本手数料の払戻しは行ないません。ただし、当社規則に従い航空便の変更を不可とする航空券については、航空便の変更は行いません。
3. 運送を受けようとする場合は、旅客は、当社規則に従って正当に発行されたeチケットお客様控及び身分証明書その他当社が定める本人確認のための証拠となるものを提示しなければなりません。
旅客の提示する航空券が10条A項6号のいずれかに該当する場合には、その旅客は運送を受ける権利を有しません。
4. 航空券は譲渡できません。運送を受ける権利を有する人又は払戻しを受ける権利を有する人以外の人が提示した航空券により当社が運送を引き受け又はこれを払い戻しても、当社は、当該運送又は払戻しに関わる真の権利者に対し責任を負いません。当該運送を受ける権利を有する人の認諾のいかんにかかわらず、航空券が当該権利者以外の人により現に使用された場合には、当社は、当該不法使用に起因し、またはこれに関連する不法使用者の死傷又は不法使用者の手荷物その他の携帯品の紛失、滅失、毀損若しくは延着に対し責任を負いません。

B) 航空券の有効性
1. 座席が予約された航空便と発行日は、航空券に記入又は記録されていなければなりません。各電子搭乗用片は、座席が予約された航空便による運送について有効です。
2. 航空券は、当社規則に別段の定めのある場合を除き、航空券に記載又は記録された座席が予約された航空便についてのみ有効とします。

C) 有効航空便
1. 旅客が、次のいずれかの事由により、座席が予約された航空便により旅行できない場合には、当社規則に別段の定めのある場合を除き、当社は、運賃の追加収受なしに、当該旅客の航空券を、同じ到達地まで空席のある最初の当社航空便について有効な航空券として扱います。
(a) 当社が、旅客の座席予約のある航空便の運航を取り消した場合。
(b) 当社が、正当な理由なく合理的な範囲を超えて航空便をスケジュールどおりに運航することができなかった場合。
(c) 当社が、航空便を旅客の出発地、到達地又は途中降機地に運航しなかった場合。
(d) 当社が、予約された便の座席を提供できなかった場合。
2. 旅客が、旅行開始後の病気(ただし、妊娠を除きます。)のため座席が予約された航空便により旅行できない場合には、当社は、当該旅客の航空券を、次のいずれかの航空便について有効な航空券として扱うことがあります(ただし、当該航空便について有効な航空券として扱うことが、旅客の支払った運賃に適用になる当社規則で禁止されていないことを条件とします。)
(a) 当社規則に別段の定めのある場合を除き、正当な診断書に記載された旅行再開可能日以降空席のある同じ到達地までの最初の当社航空便。
(b) 又は空席のある最初の当社航空便の運航日から7日以内に運航されるいずれかの同じ到達地までの当社航空便。

第5条 途中降機

途中降機は、適用法令等及び当社規則に従い、いずれの予定寄航地においても認められます。

第6条 運賃及び経路

A) 総則
運賃は、出発地空港から到達地空港までの運送にのみ適用され、空港地域内又は空港間若しくは空港と市内間の地上・海上連絡輸送を含みません。

B) 運賃
1. この約款において、運賃とは、当社により公示された運賃又は当社規則に従い算出された運賃で、適用法令等に別段の定めのある場合を除き、航空券の発行日に有効な運賃をいいます。
2. 約款又は当社規則に別段の定めのある場合を除き、運賃は、1座席を旅客が使用することを保証するものです。本約款のその他規定若しくは当社規則に別段の定めのある場合、又は当社が特に認める場合を除き、1旅客が機内で確保できる座席は1座席に限ります。

C) 経路
当社規則に別段の定めのある場合を除き、運賃は、運賃に付随して公示された経路に対してのみ適用されます。

D) 税金及び料金
官公署又は空港の管理者が、旅客について又は旅客がサービス若しくは施設を利用することについて課す税金若しくは料金は、公示された運賃及び料金には含まれず、旅客は別途これを支払わなければなりません。ただし、国内運送の運賃及び料金には、消費税(地方消費税を含みます)相当額が含まれます。

E) 通貨
運賃および料金は、当社規則において別に定める場合を除き、当社が指定した通貨で支払うこととします。公示される運賃又は料金の換算率は当社規則に従います。

F) 乳幼児の運送
当社は、満12歳以上の旅客に同伴された座席を使用しない乳幼児については、当社規則及び当社の定める運賃表に従い運賃を申し受け、同伴者1人に対して1人に限りその運送を引き受けます。

G) 不正搭乗
次の場合は不正搭乗として、当該旅客に適用される不正搭乗区間の運賃及び料金と、搭乗時の当該区間に設定された最も高額な運賃及び料金の2倍相当額を合わせて申し受けます。ただし、その搭乗区間を判定できない場合は、その搭乗機の出発地からとします。
1. 当社係員の求めにもかかわらず、航空券の呈示がなされないとき、又は当社係員の承諾なく航空券の予約事項である区間以遠に乗り越したとき
2. 故意に無効な航空券で搭乗したとき
3. 不正の申告により本来支払うべき運賃又は料金の支払いを免れたとき

第7条 航空便の変更、運送不履行及び接続不能

A) 旅客の申出による航空便の変更
1. 当社規則上、旅客の申出による航空便の変更が制限又は禁止される場合があります。
2. 当社は、次のいずれかの場合には、当社規則に従い、旅客の申出により、未使用の航空券、電子搭乗用片に関して航空便の変更を行います。
(a) 当社が当該航空券を発行している場合
(b) 当社が、航空券に記載又は記録されている最初の発行運送人である場合
(c) 当社が、航空便の変更が行われる最初の区間の未使用電子搭乗用片に、当該運送人として指定されている場合
3. 運送開始後において、運送区間を追加する場合には、航空券に記載又は記録されている到達地に到着する前に申出がなされなければ、当社は、当該追加運送区間と当初の運送区間とを一体とした通し運賃での追加運送は行いません。
4. 航空券の変更後に適用される運賃及び料金は、航空券の変更時に有効な運賃及び料金とします。
5. 予約した座席の取消しに関する時間制限及び予約した座席の直前の取消しに対する手数料は、旅客の申出により変更された航空便にも適用されます。

B) 当社の都合による航空便の変更
1. 12条B項2号に定める場合を除き、当社が航空便を取り消した場合、正当な理由なく航空便を合理的な範囲を超えてスケジュールどおりに運航することができなかった場合、旅客の到達地若しくは途中降機地に寄航しなかった場合、又は予約した便の座席を提供できなかった場合には、当社は、旅客の選択により、次のa又はbの措置を講じます。
(a) 空席のある当社の他の航空便での運送
(b) 13条C項に定める当社の都合による払戻しの条項に従った払戻し
2. 当社航空便に接続する旅客を運送する運送人が航空便をスケジュールどおりに運航せず又は当該航空便のスケジュールを変更したため、当該旅客が接続するために座席を予約しておいた当社の航空便に搭乗できなかった場合には、当社は、接続できなかったことに対して責任を負いません。

C) 当社及び旅客の都合以外の事由による航空便の変更
1. 当社は、12条B項2号a~dに定める事由によって、当社が航空便を取り消した場合、正当な理由なく航空便をスケジュールどおりに運航することができなかった場合、旅客の到達地若しくは途中降機地に寄航しなかった場合、予約した便の座席を提供できなかった場合、当社の選択により、次のa又はbの措置を講じます。
(a) 空席のある当社の他の航空便での運送
(b) 13条D項の規定に従った払戻し
2. 当社の都合によって、予約便への搭乗手続を求める旅客(当社の指定した時刻までに、当社の飛行場事務所において、有効な座席予約がなされている航空券の呈示等をして搭乗手続を求めた者に限ります。)の数が、予約便の座席定数よりも多くなってしまったため、一部の旅客に対し座席の提供ができなくなる場合には、当社は、有効な座席予約を有する旅客であって、当社の協力依頼に応じて自主的に当該予約便への搭乗をとりやめる者の募集を行います。この場合において、当社は、当該依頼に応じて搭乗をとりやめる旅客に対しては、本条B)による取扱いに加えて、会社の定める一定額の協力金の支払等を行います。

第8条 予約

A) 総則
1. 予約は、当社の予約システムに座席が確保された時点で成立します。
2. 当社の予約システムに登録された名前を他の者へ変更することは出来ません。
3. 当社規則上、運賃によっては予約の変更又は取消しが制限又は禁止される場合があります。

B) 航空券発券期限
当社が別に定める場合を除き、旅客は、予約が成立した時点で運賃を全額支払われなければなりません。当社は、指定された航空券発券期限までに航空券の発券を受けない旅客の予約を取り消すことができます。

C) 座席指定
旅客は機内の特定の座席を予め指定できる場合があります。機内の特定の座席の指定にあたっては、当社規則に定める料金を申し受けます。ただし、当社は、事前の通告なしに、機材変更、安全上の理由その他運航上やむを得ない理由でこれを変更することがあります。この場合、当社は旅客より座席の指定にあたって申し受けた料金の払い戻しを行います。

D) 予約した航空便に搭乗しなかった場合の払戻と変更
当社は、事前の連絡なく予約した航空便に搭乗しなかった旅客には、払戻し及び航空便の変更には応じません。

E) 当社が行う予約の取消
1. 当社は、一旅客に対して二つ以上の予約がされており、かつ、次のいずれかの場合には、当社の判断により、旅客の予約の全部又は一部を取り消すことができます。
(a) 搭乗区間及び搭乗日が同一の場合
(b) 搭乗区間が同一で、搭乗日が近接している場合
(c) 搭乗日が同一で、搭乗区間が異なる場合
(d) 当該便を予約した旅客の全てが予約便に搭乗することはできないと当社が合理的に判断した場合
2. 旅客が当社に事前に通知することなく予約した航空便に搭乗しなかった場合には、当社は前途予約を取り消し、又は他の運送人に対し前途予約に含まれる他の運送便の予約の取消しを依頼することができます。また、旅客が他の運送人に事前に通知することなく、予約した他の運送人の航空便に搭乗しなかった場合には、当該運送人の依頼に基づき、当社は前途予約に含まれる当社便の予約を取り消すことができます。
3. 当社は、出発国、到達国又は通過国等関係国の適用法令等に従い、定められた期限までに必要な旅客情報の登録がない場合、当該予約の全部又は一部を取り消すことができます。

F) 他の運送人に対する予約の再確認
当社は、当社以外の運送人の規則において予約の再確認が必要とされている場合には、当該運送人の運送区間に関わる予約の再確認を旅客が指定された期間内にしないことにより、前途の運送区間に含まれた当社便の予約を取り消す場合があります。

G) 通信費
予約を行い又は取り消すにあたり使用した電話、ファックス、その他の通信手段(インターネット等)に関わる費用については、当社が負担すると定めた場合を除き、旅客の負担とします。

H) 旅客についての情報
旅客は、旅客についての情報が、運送の予約、付随的なサービス提供、出入国手続の簡素化、官公署の用又は旅行の便宜を図るうえで当社が必要と認めるその他の目的のために、旅客又はその代理人によって当社に提供されること、当社によって保管されること、及び当社が必要と判断する場合に当社の営業所又は事務所、他の運送人、サービスの提供者、官公署その他に対し伝達されることに同意するものとします。

I) 通信障害等
通信機器、回線及びコンピュータ等の障害並びに電話不通等の通信手段の障害等により航空便の予約、変更及び取消が遅延・不能となった場合、そのために生じた損害については、当社は責任を負いません。

第9条 搭乗手続

旅客は、当社が指定する時刻までに(時刻を特に指定していないときは搭乗便の出発までに搭乗手続及び出国手続を完了できるよう十分な時間の余裕をもって)、当社の搭乗手続カウンター及び搭乗ゲートに到着しなければなりません。旅客が定められた時刻までに当社の搭乗手続カウンター若しくは搭乗ゲートに到着しない場合、又は到着しても出入国手続書類その他の必要書類が不備で旅行に出発できない場合には、当社は、その旅客の予約を取り消すことができ、当該便の出発を遅らせることはありません。本条の定めに旅客が従わなかったことによる損害については、当社は旅客に対して責任を負わず、運賃の払戻し及び航空便の変更には応じません。

第10条 運送の拒否及び制限

A) 運送の拒否等
当社は、当社の相当なる判断の下に、次の各号のいずれかに該当すると決定した場合には、旅客の運送を拒否し、又は、旅客を降機させることができます。その場合において、その旅客の手荷物についても同様の取扱いとします。なお、本項5号c又はdの場合においては、上記の措置に加えて、当該行為の継続を防止するため必要と認める措置をとることができます。その措置には、当該行為者を拘束することを含みます。
1. 運航の安全のために必要な場合
2. 出発国、到達国又は通過国等の関係国の適用法令等に従うため必要な場合
3. 旅客が次のいずれかに該当する場合
(a) 旅客が16条B項1号bに該当する場合
(b) 旅客が、出入国手続書類その他の必要書類を破棄するなど乗継地の国へ不正に入国しようと試みるおそれのある場合
(c) 当社が不正な入国を防止するため受領証と引き換えに乗務員に出入国手続書類その他の必要書類を預けるよう要請したときに、旅客がその要請に応じなかった場合
4. 旅客が11条B項3号又は4号に該当する場合
5. 旅客の行為、年令又は精神的若しくは身体的状態が次のいずれかに該当する場合。
(a) 当社の特別な補助を必要とする場合
(b) 他の旅客に不快感を与え又は迷惑を及ぼすおそれのある場合
(c) 当該旅客自身若しくは他の人又は航空機若しくは物品に危害を及ぼすおそれのある行為を行う場合
(d) 当社係員の業務の遂行を妨げ、又は、その指示に従わない場合
(e) 当社の許可なく、機内で、携帯電話機、携帯ラジオ、電子ゲーム等電子機器を使用する場合
(f) 機内で喫煙する場合
6. 旅客が提示する航空券が、次のいずれかに該当する場合
(a) 不法に取得されたもの又は航空券を発行する運送人若しくはその指定代理店以外から購入されたもの
(b) 偽造されたもの
7. 航空券を提示する人が、自らを航空券に記載又は記録されている人であると立証できない場合
8. 旅客が、適用される運賃、料金若しくは税金を支払わない場合又は当社と旅客(又は航空券を購入する人)との間で交わされた後払契約を履行しないおそれのある場合
9. 満 12歳以上の同伴者のいない小児若しくは乳幼児

B) 条件付運送引受
その状況、年令又は精神的若しくは身体的状態から判断して、自身に危険又は危害をもたらすおそれがあるような旅客を運送する場合には、当該状況、年令又は精神的若しくは身体的状態に起因する死傷、病気若しくは障害又はそれらの悪化若しくは結果に対して、当社は一切責任を負いません。

C) 運送の制限
1. 心身障害のある人、妊婦又は病人の運送引受けは、当社規則に従うことを条件とし、かつ、当社との事前の取り決めが必要となる場合があります。
2. 航空機への搭載量がその許容搭載量を超えるおそれがある場合には、当社は、運送する旅客又は手荷物を当社規則に従い制限することがあります。
3. 当社は、非常脱出時における援助者の確保のため、次の各号に該当すると認めた場合には、当該旅客の非常口座席への着席を拒絶し、他の座席へ変更することができます。この場合、当社の定める特別料金等を適用しているときは、収受した特別料金等の払戻しを行い、取消手数料は、一切申し受けません。
(1)満15歳未満の者
(2)身体上、健康上又はその他の理由によって、非常脱出時における援助に支障がある者または援助することにより、旅客自身の健康に支障をきたす者
(3)会社の示す脱出手順または会社係員の指示を理解できない者
(4)脱出援助を実施することに同意しない者

第11条 手荷物

A) 手荷物の受付けの制限
1. 当社は、次の物品を手荷物として受付けません。
(a) 1条で定義された手荷物に該当しない物品。
(b) 国際運送の場合、国際民間航空機関(ICAO)及び国際航空運送協会(IATA)の危険品取扱規則並びに当社規則で定められた物品等、航空機、人命又は財産に危険を及ぼすおそれのあるもの。
(c) 出発国、到達国又は通過国の適用法令等によりその運送が禁止されている物品。
(d) 重量、寸法、形状又は壊れ易い若しくは変質・腐敗するおそれがある等その物品の性質を理由として当社が運送に適さないと判断した物品。
(e) 生きている動物。ただし、当社は、身体に障害のある旅客の補助を目的とする犬(盲導犬、介助犬、聴導犬以下総称して「補助犬」といいます。)を、当社規則に従い運送することができます。その場合、当社は、補助犬の固有の性質に起因して生じる障害、病気又は死亡について一切の責任を負いません。
(f) 銃砲刀剣類等。ただし、当社規則に別段の定めのある場合を除きます。
2. 当社は、前号によって手荷物として運送することを禁じられた物品の運送を拒否し、かつ、適宜必要な措置を取ることができます。また、当社は、発見次第そのような物品の前途の運送を拒否することができます。
3. 当社は、壊れ易い若しくは変質・腐敗するおそれのある物品、貨幣、宝石類、貴金属、有価証券、証券その他の高価品、書類、旅券等旅行に必要な身分を証する文書、又は見本を受託手荷物として受付けません。
4. 当社は、通常の取扱いによる運送に耐えられるようにスーツケースその他の容器で適切に梱包されていない場合、その手荷物を受託手荷物として運送することを拒否することができます。
5. 当社は、通常の取扱いによる運送に耐えられるようにスーツケースその他の容器で適切に梱包されている場合に限り、楽器等壊れ易い物品を受託手荷物として受付けることができます。ただし、この場合においても、当社の過失に因らない損害については当社は、一切責任を追いません。
6. 手荷物として運送することが禁止されているか否かを問わず、本項1号で規定された物品が運送される場合には、この約款中の手荷物運送に適用される料金、責任限度及びその他の規定が適用されます。

B) 手荷物の検査等
1. 航空保安上(航空機の不法な奪取、管理又は破壊の行為の防止を含みます。)その他の事由により、当社が必要と認めた場合は、本人又は第三者の立会いを求めて、開被点検その他の方法により手荷物の検査をすることがあります。また、当社は、旅客又は第三者の立会いがない場合でも、本条(A)項第(1)号で定められた物品を旅客が所持し又は旅客の手荷物に入っていないかを検査することができます。なお、開被点検その他の方法による手荷物の検査による手荷物の損傷(手荷物の鍵を含む)について当社は責任を負いません。
2. 航空機の不法な奪取、管理若しくは破壊の行為の防止のため、当社が必要と認めた場合には、旅客の着衣又は着具の上からの接触、金属探知器等の使用により旅客の装着する物品の検査をすることがあります。
3. 当社は、旅客が本項1号の検査に応じない場合には、当該手荷物の搭載を拒絶することがあります。
4. 当社は、旅客が本項2号の検査に応じない場合には、当該旅客の搭乗を拒絶することがあります。
5. 当社は、本項1号又は2号の検査の結果として本条A項1号に定める手荷物の禁止制限品目に該当する物品が発見された場合には、当該物品の持込み若しくは搭載を拒絶し、又は必要な処分をすることがあります。

C) 受託手荷物
1. 当社は、原則として、受託手荷物の運送を引受けません。ただし、旅客が、付帯サービス付運賃により運送を受ける場合又は当社規則に定める手荷物料金を支払った場合その他この約款に特に定める場合に限り、当社規則及び本項2~6号、及び本条E項~J項の規定に基づき、当社は当該旅客について受託手荷物の運送を引受けるものとします。ただし、受託手荷物の運送を委託する権利は本条E)第2項の場合を除き、第三者への譲渡を行えません。
2. この約款に定めるいかなる条項も、運送人が手荷物の運送を受託していない区間につき、手荷物を委託する権利を、旅客に認めるものではありません。
3. 適用法令等又は当社規則に別段の定めのある場合を除き、旅客が当社の路線のみの運送又は当社の路線と他の運送人の路線とにまたがる運送につき発行された有効な航空券を提示した場合には、当社は、旅客がその航空券面上の路線上の運送につき当社の指定する事務所で当社所定の時刻までに差し出した手荷物を、受託手荷物として受付けます。ただし、次の場合には、当社は受託手荷物として受付けません。
(a) 航空券面上に指定された到達地以遠の運送又は航空券面上に指定されていない経路による運送につき差し出された手荷物の場合。
(b) 当社規則に別段の定めのある場合を除き、途中降機地以遠の運送につき差し出された手荷物の場合、及び到着する空港と異なる空港から出発する接続便へ旅客が乗換える地点以遠の運送につき差し出された手荷物の場合。
(c) 当社が手荷物運送協定を締結していない運送人又は当社と手荷物運送条件が異なる運送人への積替を行なう地点以遠の運送につき差し出された手荷物の場合。
(d) 旅客が座席予約をしていない区間の運送につき差し出された手荷物の場合。
(e) 手荷物の全部又は一部につき旅客が返還を希望する地点以遠の運送につき差し出された手荷物の場合。
(f) 適用料金を支払っていない区間の運送につき差し出された手荷物の場合。
4. 受託手荷物の引渡しを受けた場合には、当社は、受託手荷物の1個毎に手荷物合符を発行します。
5. 受託手荷物に氏名、頭文字又はその他個人名を判別できるものが付いていない場合には、旅客は、当社に運送を委託する前にこれを付けなければなりません。
6. 当社は、受託手荷物を、合理的な範囲で可能な限りその手荷物を委託した旅客が搭乗する航空機で旅客と同時に運送します。ただし、当社が困難と判断した場合には、許容搭載量に余裕のある他の航空便で運送するか又は他の輸送機関で輸送することがあります。

D) 持込手荷物
1. 当社が機内持込みを特に認めたものを除き、旅客が客室内に持ち込むことができる手荷物は、旅客が携帯し保管する当社規則に定められた身の回りの物品(ハンドバッグ、パソコンバッグ等))1個の他、当社規則に定める物品で、客室内の収納棚又は旅客の前の座席の下に収納可能なもの(三辺の和の総計が115cm(45インチ)以内であり、56cm X36cmX23cmであるもの)1個とし、かつそれらの重さの総計が10キログラム(22ポンド)以内とします。ただし、当社が、客室内に安全に収納できないと判断した手荷物は、客室内に持ち込むことはできません。
2. 当社は、貨物室での運送が適当でない物(壊れやすい楽器等)については、十分な連絡が事前になされ当社が承認している場合に限り、客室内での運送を引受けます。このような手荷物を運送するに際しては、当社は、当社規則に定める料金を申し受けます。

E) 受託手荷物許容量
1. 各旅客の受託手荷物に関する手荷物許容量は次のとおりとします。
旅客が付帯サービス付運賃により運送を受ける場合又は当社規則に定める手荷物料金を支払った場合、当該旅客につき当社が運送を引き受ける受託手荷物の許容量は手荷物1個につき32キログラム(70ポンド)を超えないものとし、かつ、いずれの手荷物の三辺の和も203センチメートル(80インチ)を超えないものかつ一片の長さが120センチメートルを超えないものとします。ただし、旅客が本項に定める許容量を超える受託手荷物の運送を希望する場合は、本項G)の定めに従うものとします。
2. 同一の航空便で旅行する2人以上の旅客が同一地点まで同時に当社に手荷物の運送を委託する場合には、当社は、本項1号にかかわらず、旅客の申出により、その個数、重量について各人の手荷物許容量を合算し、当該同行旅客全員を一体としてその許容量とすることができます。
3. 乳幼児及び小児旅客が使用する折りたたみ式ベビーカー、携帯用揺りかご、チャイルドシート及び車いすは手荷物許容量に含めず、無料で運送を引き受けます。

F) 特別扱いの手荷物許容量
E項に定める手荷物許容量のほかに、当社は、当社規則に定められた身の回りの物品を旅客が携帯し保管する場合に限り、手荷物として無料で運送します。

G) 超過受託手荷物
1. 当社は、本条E項1号に定める手荷物許容量を超える手荷物に対し、当社規則に定める料金を申し受けます。
2. 事前の取決めがなされていない限り、当社は、適用される手荷物許容量を超える手荷物を、他の航空便で運送し又は他の輸送機関で輸送することができます。

H) 国際運送における責任限度額を超える手荷物の申告及び従価料金
1. 国際運送の場合であって手荷物の価額が18条B項4号所定の責任限度額を超える場合には、旅客は、当該手荷物の価額を申告することができます。当該申告がなされた場合には、当社は、当社の行う運送に対し、従価料金として、超過価額の100米国ドル又はその端数につき50米国セントの割合で料金を申し受けます。ただし、一旅客の手荷物の申告価額は、2,500米国ドルを限度とします。
2. 当社規則に別段の定めのある場合を除き、手荷物の国際運送を受ける旅客は、従価料金を、出発地において到達地までの旅程につき支払うことができます。ただし、運送の一部区間が当社と従価料金制度の異なる他の運送人によって行われる場合、当社は、当該区間につき前号の申告を拒否することがあります。

I) 航空便の変更又は取消しの場合の超過手荷物料金又は従価料金
航空便の変更又は運送取消の場合における超過手荷物料金及び従価料金の支払い又は払戻しについては、追加運賃の支払い又は運賃の払戻しに関する規定が適用されます。ただし、運送の一部がすでに完了している場合には、当社は、従価料金を払い戻しません。

J) 手荷物の受取及び引渡
1. 旅客は、到達地又は途中降機地で、手荷物が受取り可能な状態になり次第その手荷物を受け取らなければなりません。手荷物が受取り可能な状態になり次第その手荷物を受け取らずに、当社の施設で当該手荷物を保管しなくてはならなくなった場合、当社は搭乗者に保管料を請求できることとします。
2. 当社は、手荷物の受託時に発行された手荷物合符の所持人に対してのみ、当該手荷物の引渡しを行います。ただし、手荷物の引渡しを請求する人は、手荷物合符を提示できない場合でも、その手荷物を他の方法で特定できる場合には引渡しを受けることができます。当社は、手荷物合符の所持人がその手荷物の引渡しを受ける正当な権利者であるかどうかを確認する義務を負いません。当社が正当な権利者かどうかを確認しなかったことに起因する損害については、当社は一切責任を負いません。
3. 前号に定める手続に従い手荷物の引渡しを受けることができない場合には、その人がその手荷物の引渡しを受ける正当な権利者であることを当社に十分に立証し、当社から請求された場合には、当該引渡しをなしたことにより当社が受ける損害を賠償する旨を十分に保証したときにのみ、当社は手荷物の引渡しを行います。
4. 適用法令等による規制がなく、また諸般の状況よりして可能な場合には、当社は、手荷物合符の所持人の申出により、出発地又は予定外の寄航地で受託手荷物を引き渡す場合があります。出発地又は予定外の寄航地で手荷物を引き渡す場合には、当社は、当該手荷物につき支払われたいかなる料金をも払い戻しません。
5. 旅客が、引渡の時に書面により異議を述べないで受託手荷物その他の当社が保管を受託した旅客の物を受け取ったときは、その手荷物又は物は、反証がない限り、良好な状態で、かつ、運送契約に従って引き渡されたものと推定します。
6. 手荷物の到着後7日間を経過しても引取りがない場合には、当社は当該手荷物を適宜処分することがあります。この場合における損害及び費用は全て旅客の負担とします。

第12条 航空便のスケジュール、延着及び取消

A) スケジュール
当社は、合理的な範囲内で、旅客又は手荷物を旅行日において有効なスケジュール通りに運送することに最大限努力を払いますが、時刻表その他に表示されている時刻は、予定であって保証されたものではなく、また運送契約の一部を構成するものではありません。運航予定は予告なしに変更されることがあります。当社は、この結果、旅客又はその手荷物の他の便への接続に支障が生じても一切責任を負いません。

B) 取消
1. 当社は、予告なしに、当社の引き受けた運送につき運送人を変更し又は航空機を変更することがあります。
2. 当社は、次のいずれかの事由によるときは、予告なしに、航空便又はその後の運送の権利若しくは運送に関わる予約を取り消し、打ち切り、迂回させ、延期させ又は延着させ、また離着陸すべきかどうかを決定することがあります。この場合、当社は、この約款及び当社規則に従って航空券の未使用部分に対する運賃及び料金を払い戻しますが、その他の一切の責任を負いません。
(a) 当社の管理不能な事実(気象条件、天災地変、ストライキ、暴動、騒擾、出入港停止、戦争、敵対行為、動乱又は国際関係の不安定等の不可抗力をいいますが、これらに限定されるものではありません。)で、現実に発生し、発生のおそれがあり若しくは発生が報告されているもの、又はその事実に直接若しくは間接に起因する延着、要求、条件、事態若しくは要件。
(b) 当社が予測、予期又は予知し得ない事実。
(c) 適用法令等によるもの。
(d) 労働力、燃料若しくは設備の不足又は当社その他の者の労働問題。
3. 当社の要請にもかかわらず、旅客が請求された運賃の全部若しくは一部の支払いを拒絶した場合又は当該旅客の手荷物に関して請求され若しくは課せられた料金の支払いを拒否した場合には、当社は、旅客又はその手荷物の運送を取り消し又はその後の運送の権利を取り消します。この場合、当社は、支払済みの運賃及び料金の未使用部分があればそれをこの約款又は当社規則に従って払い戻す以外に一切責任を負いません。

第13条 払戻し

A) 総則
1. 当社の都合(本条C項)若しくは不可抗力等(本条D項)により航空券若しくはその一部分が使用されなかった場合には、当社は、当該未使用航空券について、本条及び当社規則に従って運賃の支払通貨によって払戻しを行ないます。
2. 当社の都合(本条C項)若しくは不可抗力等(本条D項)以外の事由(旅客の都合によるものを含みますがこれに限りません)により航空券若しくはその一部分が使用されなかった場合には、当社は、当該未使用航空券について、当社が旅客から受領した一切の運賃、料金及び手数料について払戻しをしません。ただし、適用法令に定める場合または旅客が付帯サービス付運賃にて航空券を購入した場合は、本条E項の規定に従い、運賃の支払通貨にて払戻しを行ないます。

B) 払戻しを受ける人
当社がこの約款及び当社規則に従い払戻しを行う場合、当社規則に別途定める場合を除き、当社は、航空券に旅客として記名若しくは記録されている人又は十分な証拠が提出されることを条件に当該有償航空券を購入した人のいずれかに払い戻します。

C) 当社の都合による払戻し
1. 「当社の都合による払戻し」とは、当社が航空便を取り消した場合、正当な理由なく航空便を合理的な範囲を超えてスケジュールどおりに運航することができなかった場合、旅客の到達地若しくは途中降機地に寄航しなかった場合、予約された便の座席を提供できなかった場合、又は旅客が10条A項1号、2号、5若しくは9号のいずれかの規定により運送を拒否され若しくは降機させられた場合に、旅客が旅客の航空券による運送を利用できなかったためになされる払戻しをいい、払戻額は次のとおりとします。
(a) 旅行がまったく行なわれていない場合には、支払済みの運賃額。
(b) 旅行の一部が行われている場合には、次のうちいずれか高い額。
i 旅行が中断された地点から航空券に記載又は記録された到達地若しくは途中降機地又は旅行を再開しようとする地点までの未使用区間に適用される運賃及び料金の相当額。ただし、当初の運賃の計算にあたり適用される割引がある場合には、その割引率により払戻額を減額します。
ii 支払済の運賃額と運送済みの区間に対する運賃額との差額。

D) 不可抗力等による払戻し
1. 当社は、12条B項2号a~dに定める事由によって、当社が航空便を取り消した場合、正当な理由なく航空便をスケジュールどおりに運航することができなかった場合、旅客の到達地若しくは途中降機地に寄航しなかった場合、予約された便の座席を提供できなかった場合に、当社が7条Cに基づき払戻しを選択した場合、当社は払戻しをすることとし、払戻額は次のとおりとします。
(a) 旅行がまったく行なわれていない場合には、支払済みの運賃額。
(b) 旅行の一部が行われている場合には、次のうちいずれか高い額。
i 旅行が中断された地点から航空券に記載又は記録された到達地若しくは途中降機地又は旅行を再開しようとする地点までの未使用区間に適用される運賃及び料金の相当額。ただし、当初の運賃の計算にあたり適用される割引がある場合には、その割引率により払戻額を減額します。
ii 支払済の運賃額と運送済みの区間に対する運賃額との差額。

E) 当社の都合(本条C項)若しくは不可抗力等(本条D項)以外の事由による払戻し
1. 当社は、旅客が付帯サービス付運賃にて航空券を購入した場合に限り、以下a又はbに従い、航空券の支払通貨にて払戻しを行ないます。
(a) 旅行がまったく行われていない場合には、支払済みの運賃額から当社規則で定める取消手数料を差し引いた額。
(b) 旅行の一部が行われている場合には、支払済みの運賃額と航空券が使用された区間に適用される運賃との差額から、当社規則で定める取消手数料を差し引いた額。
2. 航空券の一部の払戻しの結果、当該航空券が、運送の禁止されている区間に使用されたこととなる場合には、払戻しは、当該航空券が運送の禁止されていない先の地点まで使用されたものとして、本項1条b号の定めに従って行います。

F) 払戻しを拒否する場合
1. 航空券に記載又は記録された搭乗日から、本条C項及びD項に基づく払戻しの場合は30日を経過した後になされた払戻請求については、当社は払戻しを拒否することができます。なお、旅客が当社へ事前の連絡なく予約した航空便に搭乗しなかった場合には、第8条D)の定めが適用されます。
2. 出国の意思を証するものとして当社又は官公署に提示された航空券については、当社は、旅客がその国の滞在許可を持っていること又は他の運送人若しくは他の輸送機関により出国することを証明する十分な証拠を提示しなければ、払戻しを拒否することができます。
3. 当社は、旅客が10条A項3号、4号、6号から8号までのいずれかの規定により運送を拒絶され若しくは降機させられた場合、払戻しを行いません。但し、旅客が運賃、料金若しくは税金の一部についてのみ支払いを行った場合で10条A項8号の規定により運送を拒絶され若しくは降機させられた場合に限り、当社は、旅客に対して、当社が旅客から受領した金銭について払戻しを行います。

G) 旅客が航空券に記載又は記録された搭乗日に旅客が当該航空便に搭乗しなかった場合
第6条D)に定める税金または料金については航空券に記載又は記録された搭乗日より30日以内に書面にて申請いただければ払い戻しが可能です。また払い戻しの際、払い戻し手数料がかかります。

H) 払戻しに使用される通貨
当社は、運賃の支払通貨によって払戻しを行います。

第14条 地上・海上連絡輸送

当社規則に別段の定めのある場合を除き、当社は、空港地域内又は空港間若しくは空港と市内間の地上・海上連絡輸送について手配、運行又は提供はしません。当社が直接行う場合を除き、地上・海上連絡輸送は個別の輸送業者により行われますが、当該輸送業者は当社の代理人又は被用者ではなく、また当社の代理人又は被用者とはみなされません。地上・海上連絡輸送の手配につき当社の役員、従業員又は代理人が旅客を援助しても、輸送業者の作為又は不作為に対して、当社は一切責任を負いません。当社が旅客のために地上・海上連絡輸送を自ら行う場合には、旅客の航空券、手荷物価額に関する取決め等に記載又は引用されているものを含む当社規則が、当該地上・海上連絡輸送に対しても適用されます。旅客が当該地上・海上連絡輸送を利用しなかった場合でも、当社は、運賃の一部を払い戻すことはしません。

第15条 宿泊、当社が行う手配及び機内食

A) 宿泊
宿泊費は旅客運賃には含まれていません。

B) 機内食
当社規則に別段の定めのある場合を除き、機内食を提供する場合には、これを有料とし、購入後の返金は認められません。

C) アルコール飲料
旅客が当社便に搭乗される前に購入されたアルコール飲料を機内で飲むことは認められません。

第16条 出入国手続

A) 適用法令等の遵守
旅客は、出発国、到達国又は通過国等関係国の適用法令等並びに当社規則及び当社の指示に従わなければなりません。国際運送における出入国手続書類その他の必要書類の取得又は適用法令等の遵守に関連して、当社の役員、従業員又は代理人が口頭、書面その他の方法により旅客に対して行った援助又は案内等については、当社は一切責任を負いません。また当該援助又は案内等の結果として、旅客が当該書類を取得できなかったこと又は当該適用法令等に従わなかったことについても、当社は一切責任を負いません。

B) 国際運送における旅券及び査証
1.
(a) 旅客は、出発国、到達国又は通過国等関係国の適用法令等によって必要とされるすべての出入国手続書類その他の必要書類を当社に対し提示しなければなりません。また旅客は、相当なる判断の下に当社が必要と認めた場合には、当社がこれら書類の写しを取りそれを保管することに同意します。ただし、当社が出入国手続書類その他の必要書類の提示を旅客より受けたうえで当該旅客の運送を行ったとしても、当社は、当該書類が適用法令等に適合していることを旅客に対して保証するものではありません。
(b) 当社は、適用法令等に従わない旅客又は出入国手続書類その他の必要書類に不備のある旅客の運送を拒否します。
2. 当社は、旅客が本条に従わなかったことにより受ける損害については一切責任を負わず、また、旅客が本条に従わなかったことにより当社に損害を与えた場合には、旅客は当該損害を当社に賠償するものとします。
3. 通過国又は到達国への旅客の入国不許可により、当社が適用法令等によりその旅客を出発地又はその他の地点へ送還する場合には、旅客は、運賃、罰金、料金及び費用を支払わなければなりません。当社は、当該運賃、料金及び費用の支払いに対し、旅客が当社に支払済みの未搭乗区間の運賃等又は当社が保有する旅客の資金をもって充当することができます。なお当社は、入国拒否又は国外退去の処置がとられた地点までの運送につき収受した運賃等を払い戻しません。

C) 税関検査
旅客は、要求があれば、税関その他の政府官公署による受託手荷物又は持込手荷物の検査を受けなければなりません。当社は、旅客がこの定めに従わなかった場合には、旅客に対してなんらの責任も負いません。旅客がこの定めに従わなかったことにより当社が損害を受けた場合には、旅客は当該損害を賠償するものとします。

D) 官公署の規制
当社は、適用法令等により旅客の運送を拒否しなければならない場合、又は当社の合理的な判断により旅客の運送を拒否する場合には、旅客に対していかなる責任も負いません。

E) 保安検査
旅客は、官公署、空港係員又は当社による保安検査を受けなければなりません。

第17条 相次運送人

1. 航空券及びそれに結合して発行された関連航空券により複数の運送人が相次いで行う運送は、単一の取扱いとします。
2. 当社が航空券を発行する運送人であっても、又は航空券若しくは相次運送人による運送を伴う関連航空券において最初の区間を運送する運送人として指定されている場合であっても、この約款に別段の定めのある場合を除き、当社は他の運送人が運送する区間について責任を負うものではありません。
3. 旅客の旅程に関わる個々の運送人の賠償責任は、個々の運送人の運送約款に拠ります。

第18条 運送人の責任

A) 適用法令等
1. 条約の適用を受けない国際運送又は国内運送の場合を除き、当社が行う運送には、当該運送に適用になる、条約に定められた責任に関する規定及び制限が適用されます。
2. 前号の定めと抵触しない範囲内において、当社が行うすべての運送及びその他の業務は、次の定めに従います。
(a) 適用法令等。
(b) この約款及び当社規則(これらは、当社の営業所及び当社が定期便を運航している空港の事務所で閲覧することができます。)。

B) 責任の限度
運送又はそれに付随して当社が行う他の業務に起因する旅客の死亡若しくは身体の傷害、旅客若しくはその手荷物の延着、又は旅客の手荷物の滅失若しくは毀損(以下総称して「損害」といいます。)に関する当社の責任は、条約又は適用法令等に別段の定めのある場合を除き、次のとおりとします。なお、旅客の側に故意又は過失があった場合には適用法令等に従うものとします。
1. 当社は、当社の過失に因らない持込手荷物に対する損害については一切責任を負いません。持込手荷物の搭載、取卸し又は積替えにあたって当社の役員、従業員又は代理人が旅客に与えた援助は、単なるサービスにすぎません。
2. 当社は、当社が適用法令等に従ったことにより若しくは旅客がこれらに従わなかったことにより、又は当社の管理できない事由により直接又は間接に生じた損害については、一切責任を負いません。
3. モントリオール条約以外の条約が適用される場合
(a) 当社は、条約に定める国際運送で、当社が行う運送について、条約22条1項の定めに従い、次のとおり同意します。
i 当社は、条約17条にいう旅客の死亡又は身体の傷害に係わる損害賠償請求に関して、条約22条1項に基づき定められた各旅客に対する責任限度額を援用しません。ただし、後記iiに定める場合を除き、当社は、そのような損害賠償請求に関して、条約20条1項その他適用法令等の下で可能な抗弁権を放棄するものではありません。
ii 当社は、条約17条にいう旅客の死亡又は身体の傷害に係わる損害賠償請求に関しては、裁判所が妥当と認定する弁護士費用を含めた訴訟費用を除く113,100SDRまでは、条約20条1項に定める抗弁権を援用しません。
(b) この定めは、故意に損害を惹起し旅客の死亡又は身体の傷害をもたらした人より又はその人を代理して、若しくはその人に関して提起された損害賠償請求に関する当社の権利に影響を及ぼすものではありません。
4. 上記3号以外の国際運送の場合
(a) モントリオール条約が適用となる運送の場合、当社の手荷物責任限度は、旅客1人当たり1,131SDRを限度とします。
(b) 上記aで定められた場合を除き、国際運送において、受託手荷物の運送についての当社の責任限度は、1キログラム当り17SDR(250フランス金フラン)とし、持込手荷物の運送についての当社の責任限度は、旅客1人当り332SDR(5,000フランス金フラン)を限度とします。
(c) 上記a及びbに定められた限度額は、旅客が事前により高い価額を申告し、かつ、11条H項に従って従価料金を支払った場合は適用されません。この場合、当社の責任は、当該高額の申告価額を限度とします。いかなる場合にも当社の責任は、旅客が受けた実損額を超えることはありません。損害賠償請求にあたっては、旅客が損害額を証明しなければなりません。
5. 上記4号bが適用される場合で、旅客に対する受託手荷物の一部の引渡しの場合又は受託手荷物の一部の損害の場合には、その未引渡部分又は損害部分に関する当社の責任は、その受託手荷物の部分又は内容品の価額に関係なく、重量を基礎とした按分額とします。
6. 当社は、旅客の手荷物の内容品に起因した旅客の手荷物に対する損害については、責任を負いません。旅客が自己の物品により他の旅客の手荷物又は当社の財産に損害を与えた場合には、当該旅客は、それによって当社が受けた一切の損失及び費用を当社に賠償しなければなりません。
7. 旅客の受託手荷物に含まれている物品に対する損害については、その物品の固有の欠陥、又は性質から生じたものである場合(例えば手荷物または物のキャスター、脚、ストラップ、引き込み/伸縮式ハンドル、ハンガーフック、ルーズフラップ、ジッパー、ポケットやその他の付属の突起した部品に損害が生じた場合)には、当社は、それが含まれていることを当社が了知していたかどうかを問わず、責任を負いません。
8. 当社は、この約款の規定上手荷物とはならない物品の引受けを拒否することがあります。ただし、当該物品を当社が受領したときは、当該物品は、手荷物価額及び責任限度の適用を受け、また当社の公示料率及び料金の適用を受けます。
9. 他の運送人によって運送が行われる区間のために当社が航空券を発行し又は手荷物を受託する場合には、当社は、当該運送人の代理人としてのみこれらの行為を行います。当社は、当社によって運送が行われる区間以外で生じた損害について責任を負いません。また当社は、当社によって運送が行われる区間以外で生じた受託手荷物に対する損害について責任を負いませんが、当社が運送契約上の最初の運送人又は最後の運送人である場合に、当該損害につき、条約の定めにより、旅客が当社に対し請求することができるときはこの限りではありません。
10. 当社は、この約款及び当社規則に従う運送から生じた間接損害若しくは特別損害又は懲罰的損害賠償に対しては、当社がその損害の発生を予知していたかどうかを問わず、一切責任を負いません。
11. この約款に定める場合を除き、当社は条約上認められる全ての抗弁権を留保します。第三加害者について、当社は全ての支払いに関して、その一部又は全部につき、全ての求償権を留保します。
12. この約款及び当社規則に定める当社の責任の免除又は制限に関する一切の規定は、自己の職務を遂行中の当社の役員、従業員又は代理人並びに運送のために当社が使用する航空機の保有者及び自己の職務を遂行中のその役員、従業員又は代理人に対しても適用します。当社の役員、従業員又は代理人に対して請求できる賠償総額は当社の約款上の限度額を越えないものとします。
13. 国内運送の場合
(a)
i 当社は、旅客の死亡又は負傷その他の身体の障害の場合に発生する損害については、その損害の原因となった事故又は事件が航空機内で生じ又は乗降のための作業中に生じたものであるときは、賠償の責に任じます。
ii 当社は、受託手荷物その他の当社が保管を受託した旅客の物の破壊、滅失、紛失又は毀損の場合に発生する損害については、その損害の原因となった事故又は事件が、その受託手荷物又は物が当社の管理下にあった期間に生じたものであるときは、賠償の責に任じます。
iii 当社は、上記i及びiiの損害について、当社及びその使用人(本項において、使用人とは被用者、代理人、請負人等の履行補助者をいう。)が、その損害を防止するため必要な措置をとったこと又はその措置をとることができなかったことが証明された場合、賠償の責に任じません。
iv 当社は、持込手荷物その他の旅客が携行し又は装着する物の破壊、滅失、紛失又は毀損の場合に発生する損害については、当社又はその使用人に過失があったことが証明された場合にのみ、賠償の責に任じます。
v 当社は、法令及び官公署の要求、航空保安上の要求(航空機の不法な奪取、管理又は破壊の行為の防止を含みます。)、悪天候、不可抗力、争議行為、騒擾、動乱、戦争、その他の当社のいずれかに生じたやむを得ぬ事由により、予告なく、航空機の運航時刻の変更、欠航、休航、運航の中止、発着地の変更、緊急着陸、旅客の搭乗制限、手荷物の全部又は一部の取卸その他の必要な措置をとることがありますが、当該措置をとったことにより生じた損害については、上記i~ivにより当社が責任を負う場合を除き、当社は、これを賠償する責に任じません。
(b) 当社は、受託手荷物その他の当社が保管を受託した旅客の物の破壊、滅失、紛失又は毀損の場合に発生する損害が、その手荷物又は物の固有の欠陥、品質又は瑕疵の原因のみから生じたものであるとき(例えば手荷物または物のキャスター、脚、ストラップ、引き込み/伸縮式ハンドル、ハンガーフック、ルーズフラップ、ジッパー、ポケットやその他の付属の突起した部品に損害が生じた場合)は、賠償の責に任じません。
(c) 当社は、旅客の故意又は過失が、その損害の原因となったこと又は原因に関係していたことを証明したときは、当該故意又は過失がその損害の原因となり又は原因に関係している範囲において、当社のその旅客に対する責任の全部又は一部を免除されます。
(d) 旅客の故意若しくは過失により又は旅客がこの約款及び同約款に基づいて定められた規定を守らないことにより、当社が損害を受けた場合は、当該旅客は、当社に対し損害賠償をしなければなりません。
(e) 手荷物運送における当社の責任は、旅客1名につき総額金150,000円の額を限度とします。ただし、当社の責任は、当該手荷物の実際の価額を超えることはありません。
(f) 本号eに定める責任の限度は、損害が、当社又はその使用人の故意又は重過失によって生じたことが証明されたときは、適用されません。ただし、使用人の故意又は重過失の場合には、更にその者が自己の職務を遂行中であったことが証明されなければなりません。
(g)
i 当社が、他の運送人の行う運送のために航空券を発行し又は手荷物を受託する場合には、当社は当該運送人の代理人としてのみこれらの行為をします。
ii 二以上の運送人が相次いで行う旅客の運送における損害については、その損害を生ぜしめた運送を行った運送人に対してのみ賠償請求することができます。当社は、当社が行う運送以外で生じた旅客の損害については、責任を負いません。
(h) 当社の同意の下に運送人を変更し、旅客が当社の航空券で他の運送人の路線に搭乗する場合には、当該運送は、当該他の運送人の運送約款の適用を受け、当社は、当該運送につきいかなる責任も負いません。
(i) 当社の使用人が、自己の職務を遂行中であったことを証明したときは、この約款に定める損害につき、その使用人は、この約款及び同約款に基づく規定に定められた当社の責任の排除又は制限に関する一切の規定を援用することができます。

第19条 損害賠償請求期限及び出訴期限

A) 損害賠償請求期限
手荷物に毀損があった場合には毀損の発見後直ちに(遅くともその受取の日から7日以内に)、延着又は紛失若しくは滅失があった場合には手荷物を受け取った日(延着の場合)又は手荷物を受け取ることができたであろう日(紛失又は滅失の場合)から21日以内に、それぞれ当該手荷物の引渡を受ける権利を有する人が当社の事務所に対し異議を述べなければ、いかなる損害賠償も認められません。すべての異議は、書面で、上記に定められた期間内に発送することにより述べなければなりません。運送が条約の適用を受ける国際運送でない場合又は国内運送の場合には、損害賠償請求者が次の事項を証明するときは、当該異議通知をしなかった場合にも、訴訟を提起することができます。
1. 正当な理由で当該通知をすることができなかったこと。
2. 当社側の作為により当該通知がなされなかったこと。
3. 当社が旅客の手荷物に対する損害を知っていたこと。

B) 出訴期限
当社に対する責任に関する訴は、到達地への到達の日、航空機が到達すべきであった日又は運送の中止の日から起算して2年以内に提起しなければならず、その期間の経過後は提起することができません。

第20条 法令違反条項

航空券又はこの約款及び当社規則に定める規定が適用法令等に違反し無効とされる場合でも、当該規定は、それらと抵触しない範囲内において依然として有効です。ある規定が無効となっても、その他の条項に影響を与えるものではありません。

第21条 改訂及び権利放棄

当社の役員、従業員又は代理人は、運送契約又はこの約款及び当社規則のいかなる規定をも変更若しくは改訂し又はいかなる権利をも放棄する権限を有しません。

附則

第1条 適用期日

この運送約款は2013年11月1日より適用します。

ご利用ガイド

お手伝いが必要なお客様

バニラエアではご利用頂く皆様に安心してご搭乗いただけるようお待ちしております。
下記のようなご心配のあるお客様はご予約時に予約センター(電話番号・営業時間)にお知らせください。

お手伝いが必要なお客様について

事前にお手伝いの内容について確認させていただきますので空港カウンターまでお越しください。

機内環境について

  • 飛行中の機内は特別な環境であり、飛行時間、飛行高度(機内の与圧状態)、気象状況が病状やおけがに悪影響を与える恐れがあります。
  • 航空機は高度9,000~12,000メートル(30,000~40,000フィート)を飛行しており、客室の気圧は地上より低い0.7~0.8気圧で標高2,500メートルの山へ登っている(富士山の5合目ほど)状態と同じです。
  • この気圧の低下により、身体の中が膨張し、患部の内臓を圧迫したり痛みがでたり、呼吸困難になる場合もございます。
  • また、酸素濃度が地上の70~80%に低下するため、呼吸器・心臓・脳血管・重症貧血や、妊娠後期の妊婦や新生児も酸素不足により身体に影響を及ぼすことがあります。

1. 車椅子をご利用のお客様へ

予約時

以下の3点をお知らせいただくため、ご出発日の5営業日前までに車椅子 仕様確認フォームを弊社へFAXにて送付してください。

車椅子 仕様確認フォーム

奄美大島線ご利用のお客様へ

奄美空港施設要件にともない、おからだが不自由なお客様/車椅子ご希望のお客様の安全確保およびSTEP利用時の不意の事故を未然に防ぐために、お客様ご自身またはお連れのお客様の補助を得てSTEPを昇降いただけるかの事前確認が必要となります。
事前のご確認は予約センターまでお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

1)歩行状況を教えてください

  • おひとりでは歩行ができない
  • 階段の上り降りは出来ないが、自力で座席まで歩くことが出来る
  • 階段の上り降りは出来るが、長距離の歩行が出来ない

2)お客様の車椅子の仕様について教えてください

  • 車椅子の種類(電動/手動)・サイズ・重量・分解できるかどうか
  • お持ちの車椅子の台数
  • バッテリーの種類(リチウムイオンバッテリーを使用の際は必ずその旨お知らせください)
  • お預かり出来る台数・大きさ・重量に制限があります為、お預かりできないことも御座います。
    出発前に必ずご確認ください。

3)付き添いの方の有無を教えてください

  • 係員および客室乗務員は食事のお手伝いや、化粧室のご利用のお手伝いなどの介助はできません。介助が必要とされる場合には、付き添いの方の同伴(※)をお願い致します。

    ※付き添いの方は以下の条件を満たす方です
    1. 12歳以上であること
    2. 2歳以下のお子様をお連れしていないこと
    3. 付き添うお客様の隣に着席すること
    4. 緊急時に付き添うお客様の脱出援助ができること

搭乗手続き時

  • 車椅子に関してはお預け手荷物として空港カウンターにてお預けいただき、搭乗口までは空港用の車椅子をお使いください。
  • ご出発当日は、お時間に充分に余裕を持って空港カウンターにお越しください。(目安としては、国内線はご出発1時間前、国際線はご出発2時間前となります)
  • 優先搭乗・到着地でのお手伝いをご希望のお客様はお知らせください。
  • 優先搭乗につきましては、空港の施設要件により実施できない場合もございます。その際は何卒ご了承ください。
  • 安全上の理由により非常口座席にはお座りいただけませんのでご了承ください。

機内にて

  • 杖や松葉杖はお持ち込みいただけます (先の尖ったものを除く)。

到着時

  • 到着地でのお手伝いをご希望されたお客様は、客室乗務員が声をおかけしますので座席でお待ちください。

2. 目・耳や言葉の不自由なお客様

予約時

以下の2点をお知らせください。

1)付き添いの方の有無を教えてください

  • お食事・化粧室のご利用などの介助が必要なお客様は、付き添いの方の同伴(※)をお願いいたします。

    ※付き添いの方は以下の条件を満たす方です
    1. 12歳以上であること
    2. 2歳以下のお子様をお連れしていないこと
    3. 付き添うお客様の隣に着席すること
    4. 緊急時に付き添うお客様の脱出援助ができること

2)盲導犬・聴導犬とご一緒ですか

  • 国際線をご利用の場合、国によっては検疫の対象となりますので、入国の条件などは訪問国の領事館や日本の最寄の動物検疫所にお問い合わせください。なお、日本の場合は輸出入検疫の手続きが必要です。
  • 詳しくは身体障がい者補助犬をお連れのお客様をご確認ください。

搭乗手続き時

  • ご出発当日は、お時間に充分に余裕を持って空港カウンターにお越しください。(目安としては、国内線はご出発1時間前、国際線はご出発2時間前となります)
  • 優先搭乗・到着地でのお手伝いをご希望のお客様はお知らせください。
  • 優先搭乗につきましては、空港の施設要件により実施できない場合もございます。その際は何卒ご了承ください。
  • 安全上の理由により非常口座席にはお座りいただけませんのでご了承ください。

機内にて

  • 杖や松葉杖はお持ち込みいただけます (先の尖ったものを除く)。

到着時

  • 到着地でのお手伝いをご希望されたお客様は、客室乗務員が声をおかけしますので座席でお待ちください。

3. 身体障がい者補助犬をお連れのお客様

目や耳、おからだが不自由なお客様で、障害を補助する盲導犬・聴導犬・介助犬を同伴希望の方は機内に無料でお連れいただけます。

  • ペットなどの感情支援動物および精神補助動物(Emotional assistance animal)は機内への同伴およびお預かりはできませんのでご了承ください。

予約時(国際線を利用される場合)

国によっては検疫の対象となりますので、入国の条件などは訪問国の領事館や日本の最寄の動物検疫所にお問い合わせください。 なお、日本の場合は輸出入検疫の手続きが必要です。

搭乗手続き時

  • 盲導犬使用者証か盲導犬装着のハーネス(白色または黄色の盲導犬用胴輪)、身体障がい者補助犬認定証か胴着などについている「介助犬」「聴導犬」の表示を係員が確認させていただきます。
  • ご出発当日は、お時間に充分に余裕を持って空港カウンターにお越しください。(目安としては、国内線はご出発1時間前、国際線はご出発2時間前となります)
  • 優先搭乗・到着地でのお手伝いをご希望のお客様はお知らせください。
  • 優先搭乗につきましては、空港の施設要件により実施できない場合もございます。その際は何卒ご了承ください。
  • 安全上の理由により非常口座席にはお座りいただけませんのでご了承ください。
  • 緊急脱出の際を考慮して、お座席を購入される際は、窓側座席をご指定ください。

機内にて

  • 杖や松葉杖はお持ち込みいただけます (先の尖ったものを除く)。

到着時

  • 到着地でのお手伝いをご希望されたお客様は、客室乗務員が声をおかけしますので座席でお待ちください。

4. 妊娠中のお客様

予約時

予約取得の際、搭乗日が出産予定日の何日前か確認ください。下記の準備が必要となります。

搭乗日が出産予定日から28日以内の方

搭乗日から7日以内に発行された診断書(日本語もしくは英語)をご用意ください。
下記の記載がない診断書はお取扱いできません。

  • 搭乗日とその区間に航空旅行を行っても差し支えないこと
  • 出産予定日
  • 飛行中、特に注意すべき点
  • 診断書を作成した医師の署名
  • 出産予定日から28日以内の方が同伴できる乳幼児は1名のみです。この場合、お子様分の座席確保が必要なため2歳未満であっても航空券を購入し、 ご自身でチャイルドシートをご用意ください。チャイルドシートのご使用に関してはチャイルドシートご利用のお客様をご確認ください 。
  • 出産予定日から7日以内の方、または出産日から7日以内の方は、安全上の理由から受付をお断りさせていただきます。機内環境をご参照ください。

搭乗手続き時

  • ご出発当日は、お時間に充分に余裕を持って空港カウンターにお越しください。目安としては、国内線はご出発1時間前、国際線はご出発2時間前となります。
  • 優先搭乗・到着地でのお手伝いをご希望のお客様はお知らせください。
  • 優先搭乗につきましては、空港の施設要件により実施できない場合もございます。その際は何卒ご了承ください。
  • 安全上の理由により非常口座席にはお座りいただけませんのでご了承ください。

機内にて

  • 杖や松葉杖はお持ち込みいただけます (先の尖ったものを除く)。

到着時

  • 到着地でのお手伝いをご希望されたお客様は、客室乗務員が声をおかけしますので座席でお待ちください。

5. お子様連れのお客様

お子様連れのお客様は下記の条件を必ずご確認の上、航空券をご予約ください。

ご搭乗の条件

新生児 新生児
生後8日未満
  • ご搭乗いただけません。機内環境をご参照ください。
乳幼児 乳幼児
生後8日以上~2歳未満

おひとり片道あたり一律1,500円
  • 12歳以上の同伴者必須
  • 但し乳幼児の身の回りの世話が出来ること

着席方法

  • 座席を使用しない場合
    大人の膝の上にお座りいただきます
  • 座席を使用する場合
    チャイルドシートの使用が必要です
  • 1列目、非常口座席への着席不可
  • 並びの3席(A-B-C、D-E-F)にお座りいただける乳幼児はそれぞれ1名までです。
  • 座席を使用する場合は大人運賃となります。
  • 大人(12歳以上)が同伴出来る乳幼児は2人までです。
  • 膝の上に座れる乳幼児は1名までです。残り1名は席をご購入頂くか、大人をもう1名追加してください。
小児 小児
2歳以上~12歳未満
  • 12歳以上の同伴者必須
  • 非常口座席への着席不可
大人 大人
12歳以上
  • 制限なし
  • 15歳未満は非常口座席への着席不可
  • 安全上の理由から1機あたりにご搭乗できるお乳幼児の数は限られております。
    お子様分の座席確保ならびに航空券の発行が必要ない場合も、予約時に必ずお知らせください。

搭乗手続き時

  • ベビーカー、チャイルドシート、ベビーベッド(バシネット)のいづれか一点を、無料でお預け手荷物としてお預かりいたしますが、貸し出しは行っておりませんのであらかじめご了承ください。
  • チャイルドシートの取扱いについてはチャイルドシートご利用のお客様をご確認ください。
  • 安全上の理由により非常口座席にはお座りいただけませんのでご了承ください。

機内にて

  • 安定飛行中のチャイルドシートの使用は不要です。但し、シートベルトサイン点灯中は必ずご使用ください。
  • 何かお困りのことやご希望がありましたら、ご遠慮なく客室乗務員までご相談ください。

到着時

  • 到着地でのお手伝いをご希望されたお客様は、客室乗務員が声をおかけしますので座席でお待ちください。

6. チャイルドシートご利用のお客様

  • 弊社ではチャイルドシートの貸し出しは行っておりません。お客様ご自身でご用意ください。
  • チャイルドシートの機内への持ち込みは、手荷物許容量内には含めず無料でお持ち込みいただけます。
  • チャイルドシートをご使用される場合、1列目座席および非常口座席にはお座りいただけません。
  • 優先的にご搭乗いただけますので、早めに搭乗口までお越しください。
  • 機内でチャイルドシートをご使用される場合、係員による事前の装着は行いません。お客様ご自身で装着をお願いいたします。
  • チャイルドシートを使用される場合、座席確保分として通常の運賃をいただきます。
  • 機内への持ち込みと使用が許可されるものは以下の場合に限ります。安全基準に満たないチャイルドシートは受託手荷物としてお預かりいたします。
  • 1. 日本(JIS・措置型式指定基準)の基準を満たし、所定のマークが貼付されているもの。
  • 2. 米国(FMVSS-Federal Motor Vehicle Safety Standard)の基準を満たし、所定のマークが貼付されているもの。
  • 3. 欧州(ECE R44-United Nations Economic Commission for Europe) の基準を満たし、所定のマークが貼付されているもの。
  • 4. お子様がチャイルドシートに着席でき、そのチャイルドシートに表示された体重制限を超えていないこと。
  • 5. 後ろ向きチャイルドシートはご使用いただけません。

ご利用いただけないチャイルドシート

以下のタイプのチャイルドシート及び機内の2点式シートベルトで座席に固定できないもの、3点式や4点式でのみ使用可能なチャイルドシートはご利用いただけません。

ブースタータイプ 背もたれ付ブースタータイプ ベスト/ハーネスタイプ

7. 診断書が必要なケース

  • 出産予定日を含め、28日以内の妊娠中のお客様
  • 医療用酸素ボンベや携帯用酸素濃縮器(POC)を使用される場合
  • 病状や体調が急に変化する恐れがある場合
  • 病気、けがの治療や最近受けた手術などが航空旅行によりお体に影響を及ぼすと思われる場合
  • その他、弊社が必要と判断したお客様

診断書に関するご注意事項

  • 診断書は搭乗日から7日以内に発行されたもののみ有効(往復でご予約の際はそれぞれの出発日より7日前に発行されていることが条件)。
  • 航空機での旅行に問題が無い旨の記載があるもの
  • 診断書を作成した医師の署名
  • 出産予定日(妊娠中のお客様のみ)

8. 医療機器の使用について

客室乗務員は、応急処置の訓練を受けておりますが、注射および薬物による治療のサポートをすることは許されておりません。医療機器をご使用になる場合はご本人様が操作を熟知しているか、熟知しているかたの付き添いが必要となりますので、予めご了承ください。

A. 医療用酸素ボンベを使用する場合

酸素ボンベは航空手荷物では「危険物」となりますが、医療を目的として用いる場合のみ航空輸送が認められています。機内で使用される場合には診断書をご用意ください。また、ご本人様が酸素ボンベの操作を熟知しているか、熟知しているかたの付き添いが必要となります。

予約時

ご自身の酸素ボンベについて、以下の項目を満たしているか確認してください。

  • 容器証明済みであること(*1の表示)
  • 医療用ガス状酸素であること(*2の表示)
  • 3年(1部5年)ごとの耐用証明検査を受けていること(*3の表示)
  • 高さ70㎝×直径10㎝程度、重量は1本あたり5㎏以下

下記の2点をご出発日の5営業日前までに弊社へFAXにて送付してください。

診断書

医療用酸素ボンベ仕様確認フォーム

  • 仕様確認フォームと当日お持ちいただいた酸素ボンベは同じものでないとご搭乗いただけません。
  • 酸素ボンベは医療用であること。スポーツ用はお持ち込みいただけません。

搭乗手続き時

  • 事前に送付していただいた診断書・医療用酸素ボンベ仕様確認フォームの原本と酸素ボンベ本体を確認させていただきます。
  • ご出発当日は、お時間に充分に余裕を持って空港カウンターにお越しください。目安としては、国内線はご出発1時間前、国際線はご出発2時間前となります。
  • 優先搭乗・到着地でのお手伝いをご希望のお客様はお知らせください。
  • 優先搭乗につきましては、空港の施設要件により実施できない場合もございます。その際は何卒ご了承ください。
  • 安全上の理由により非常口座席にはお座りいただけませんのでご了承ください。

機内にて

  • 機内で使用される場合は診断書をご用意ください。
  • お持ち込みの酸素ボトルは、お足元前方のお座席の下に置いてご使用いただきますので、充分な長さのチューブをご用意ください。
  • 座席の下に固定できない大きさのものは、手荷物としてお預けいただく場合があります。

到着時

  • 到着地でのお手伝いをご希望されたお客様は、客室乗務員が声をおかけしますので座席でお待ちください。

B. インシュリン・エピペン等の自己注射器を使用する場合

  • 機内へのお持ち込み、ご使用が可能です。状態が安定していらっしゃり、ご自身で服用、インスリン注射などが行える場合は、ご使用予定の数量分のみ機内にお持ち込みいただけます。
  • 保安検査の際に自己注射器(針)であることをお知らせください。
  • 国際線ご利用のお客様は、内容を明示できるものを携帯して頂くようお願いいたします。
  • スムーズな検査にご協力をお願いいたします。
  • 使用済みの注射器・注射針は医療廃棄物の為、機内や空港内では処分せず、お客様ご自身でお持ち帰りになり正規の方法で破棄してください。

9. 人工透析(CAPD*)について

機内環境および施設の関係上、機内での人工透析はお断りさせて頂いております。

  • *CAPD(Continuous Ambulatory Peritoneal Dialysis)とは腎臓が機能せず、有害物質の排出ができない為、人工的に体から有害物質を排出する必要のある治療法です。

10. 携帯用酸素濃縮器(POC)について

航空機内での使用が認められる携帯用酸素濃縮器(POC)のみ、機内でご使用いただけます。機内で使用される場合には診断書をご用意ください。また、ご本人様が携帯用酸素濃縮器の操作を熟知しているか、熟知している方の付き添いが必要となります。

予約時

ご出発5営業日前までに下記2点を弊社へFAXにて送付してください。

診断書

携帯用酸素濃縮器(POC)仕様確認フォーム

  • 仕様確認フォームと当日お持ち頂いた酸素濃縮器は同じものでないとご搭乗いただけません。

搭乗手続き時

  • 出発当日は、お時間に充分に余裕を持ってチェックインカウンターにお越しください(目安としては国内線は出発1時間前、国際線は出発2時間前となります)。
  • 事前に送付して頂いた携帯用酸素濃縮器(POC)仕様確認フォーム と機器本体を確認させて頂きます。
  • 優先搭乗・到着地でのお手伝いをご希望のお客様はお知らせください。
  • 優先搭乗につきましては、空港の施設要件により実施できない場合もございます。その際は何卒ご了承ください。
  • 安全上の理由により非常口座席にはお座りいただけませんのでご了承ください。
  • 酸素濃縮器はお足元前方のお座席の下に置いてご使用いただきますので、1列目座席はご利用になれません。

機内にて

  • 酸素濃縮器は、お足元前方のお座席の下に置いてご使用いただきますので、充分な長さのチューブをご用意ください。
  • 座席の下に固定できない大きさのものは、手荷物としてお預けいただく場合があります。

到着時

  • 到着地でのお手伝いをご希望されたお客様は、客室乗務員が声をおかけしますので座席でお待ちください。