MENU
パイロット

パイロットは「運航の安全を第一とし、最良の運航効率をあげ、かつ定時運航に努めるとともに、快適な飛行を行うことができるように積極的に業務を推進する」 という基本方針に沿ってフライトをしています。

パイロットになるためには訓練を行っていくつもの審査に合格しなければなりませんが、パイロットになってからも年に数回程度の審査、訓練を受けなければなりません。専門性の高い訓練はANAの施設を使用しております。高度な訓練機材を活用することでより実戦的な訓練を実施しています。また年に1回ないし2回、国で定められた身体検査を受検します。これらの審査、訓練、検査にすべて合格しなければ引き続きパイロットとしての業務を行うことはできません。

フライト前のバニラエアのパイロットは、成田空港のオフィスに出社したらまず、心身の健康状態、飛行するルートや各空港の気象情報、使用する機体の整備状況、お客様の情報などをチェックします。バニラエアでは現場部門(運航、整備、旅客、客室)が同じフロア内で隣り合って配置されていますので、必要な時にはすぐface to faceで会話をして情報を明確に把握することができます。そしてチェックした内容を基に機長と運航管理者が飛行するルートや高度、搭載する燃料の量などを決定します。

次にフライトアテンダントとその日のフライトについて打ち合わせを行います。ここでお互いの情報を共有し、安全で快適なフライトになるように話し合いを進めていきます。具体的には気流の悪いところなどの気象状況やお客様の状況、保安事項、緊急事態発生時における手順などをチェックしていきます。

飛行機に着くと機体の目視点検や決められた機器のテストを行い、最終的に機体の不具合がないことをチェックします。そして搭載されている燃料に間違いはないか、機体のバランスは問題ないかをチェックした後、フライトアテンダントの準備が整ったことを確認してお客様のご搭乗となります。

離陸しますとパイロットは今までの訓練や経験で培ってきた技量や知識を最大限に用いて、安全で快適なフライトを実現していきます。またフライト中であっても適宜運航管理者や整備士からの助言を受けて、さらにフライトの質を上げるよう努力しています。

目的地に到着後は機体の状態や後続便のために有意義な情報を運航管理者に伝え、次の便のパイロットはその情報を参考にして、再び安全で快適なフライトを遂行していきます。

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

【2017年12月17日 新千歳空港離発着便遅延のご案内】

平素よりバニラエアをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、機材繰りの影響により、新千歳空港を離発着する便に、遅延が発生している便がございます。
「詳細を見る」から便毎の運航状況をご確認下さい。

 

2017-12-16 22:50