MENU
最新情報・お知らせ

世界初、アジア太平洋地域における多国間LCCアライアンスが 誕生します

2016.05.16プレスリリース

世界初、アジア太平洋地域における多国間LCCアライアンスが誕生します
~大手LCC8社による航空アライアンスが、皆様により魅力的な旅行をお届けします~

アジア太平洋地域の大手LCC8社(セブパシフィック航空、チェジュ航空、ノックエア、ノックスクート、スクート、タイガーエア・シンガポール、タイガーエア・オーストラリア、バニラエア)は、本日、世界最大のLCC アライアンスとなる 『バリューアライアンス』 を設立したことを発表しました。

バリューアライアンスは、加盟航空会社が持つ路線ネットワークを活かし、東南アジア、北東アジア、オーストラリア間での乗り継ぎ旅程におけるルート、ご利用便、運賃を分かりやすくお客様にご提案します。

バリューアライアンスのシステムは、エア・ブラック・ボックス社(以下、ABB社)が開発した先進技術を導入しています。従来、異なる航空会社を乗り継ぐ場合は会社毎のウェブサイトにてフライトを検索し、ご予約、決済が必要でしたが、バリューアライアンスのお客様は、いずれかの加盟航空会社のウェブサイトを経由して専用のウェブサイトにて出発地、最終目的地を指定するだけで、バリューアライアンスの充実した路線ネットワークの中から乗り継ぎルート、ご利用便、最適な運賃を選択し、ワンストップで予約、決済いただけるようになります。乗り継ぎ予約において、直行便予約と変わらぬ快適な操作性を実現します。

ABB社のシステムはIATA NDC (ニュー・ディストリビューション・ケーパビリティー) 公認予定であり、座席指定、追加手荷物、機内食など、付帯サービスもご利用便と同時にご購入いただけます。
世界のおよそ3分の1のエリア、アジア太平洋地域の160以上の就航地を176機でカバーするバリューアライアンスの加盟航空会社は、ネットワークの強化により乗り継ぎ旅程の選択肢を増やし、これらをワン・ストップ・ショップ・サービスにてお客様に提供します。

◆バリューアライアンス加盟航空会社のコメント

・スクート、キャンベル・ウィルソンCEO

「このパートナーシップを通してお客様にサービスを提供できる機会に、我々は期待しています。バリューアライアンスの加盟各社は、各マーケットにおいて高い評価を得ており、それぞれの地域におけるLCC業界のリーダー的存在です。各社が共に協力することにより、1回の取引で、最も競争力のある運賃にて、就航地とフライトの幅広い選択肢をお客様に提供することが可能になります。」

・ノックエア、パティー・サラシンCEO

「バリューアライアンスとABB社によって可能となる、乗り継ぎ予約を通して付帯サービスを提供する機会は、加盟航空会社にとって大きな利益となります。」

・バニラエア、五島勝也社長

「バリューアライアンスが導入する技術により、加盟各社が使用している予約システムの違いにとらわれることなく、インターフェイスが可能になります。よって、バニラエアが運航していない日本とその他のアジア太平洋地域間のルートであっても、お客様は1度の予約・決済で加盟航空会社を利用する乗り継ぎ手配を完了、いわゆる「ワンストップショッピング」ができるようになり、利便性が大きく向上します。」

・セブパシフィック航空、ランス・ゴコンウェイCEO 兼社長

「すべての加盟航空会社は各マーケットをリードしており、サービスには定評があります。バリューアライアンスは、LCCが互いに協力することによって、個社が提供する以上により良いサービスをお客様にご提供します。」

スクート、ノックエア、およびノックスクートは、ABB社の先進技術を駆使して、すでに相互に乗り継ぎ旅程や、魅力的な運賃を提供しています。他のアライアンス加盟航空会社も今後数カ月のうちに同サービスを提供開始する予定です。

アジア太平洋地域の観光産業は世界最大の規模を誇り、オーストラリアの奥地をトレッキングしたり、伝統的な神社と現代的なショッピング街が交錯する東京を探索したり、タイで島巡りをしたりと、旅行者に多様な体験を提供します。2020年までには、5億人以上の旅行者が訪れると見込まれるアジア太平洋地域において、バリューアライアンスの充実したネットワークは、大都市だけにとどまらず、ご旅行のお客様に人気の就航地へとさらにご案内いたします。

バリューアライアンスについて

2016年5月に創設されたバリューアライアンスは、世界初のアジア太平洋地域における多国間LCCアライアンスであり、アジア太平洋地域の大手LCC8社(セブパシフィック航空、チェジュ航空、ノックエア、ノックスクート、スクート、タイガーエア・シンガポール、タイガーエア・オーストラリア、バニラエア)により構成されています。加盟航空会社は、アジア太平洋地域の160以上の就航地へ路線ネットワークを提供し、世界の3分の1のエリアをカバーします。2015年には17箇所の拠点から4600万人以上のお客様に利用されています。

ABB社が提供する先進的なIATA NDCのウェブ技術(公認予定)を駆使することにより、バリューアライアンスのお客様は、乗り継ぎ便を含め、魅力的な運賃にて、バリューアライアンスの加盟航空会社が提供するフライトを予約・決済できるようになります。さらにお客様は、ワンストップにて、加盟航空会社が用意する豊富な選択肢から付帯サービスを選ぶことが可能になります。

バリューアライアンスは、お客様により一層ご満足いただけるよう、加盟航空会社間のさらなる協力体制を築いて参ります。

さらに詳しい情報は、ウェブサイトをご参照ください。: www.valuealliance.com
※バリューアライアンスのウェブサイトは2016年5月16日(月)18時頃(日本時間)よりご覧いただけます。

ABBについて

Air Black Box社 (ABB) とは、イギリスの航空会社向けクラウドを利用したソフトウェア開発を行う会社です。バリューアライアンスが今回使用するシステムはABB社によって開発されたものであり、異なった予約システムを繋ぎ、加盟航空会社間の乗り継ぎ旅程や他社の付帯サービスの購入を可能にしました。
詳細は、www.airblackbox.com

IATA NDCについて

NDCは、新しいXMLベースのデータ伝送規格(NDC規格)の開発および市場への導入に向けて、世界の航空会社の業界団体である国際航空運送協会(IATA)が立ち上げた、旅行業界に支持されているプログラム(NDCプログラム)です。NDC規格は、航空会社と旅行代理店との間のコミュニケーション能力を強化します。

バリューアライアンス (Value Alliance) ご案内ページ

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

平素よりバニラエアをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、通常通りの運航を予定しております。
皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

2017-09-23 22:40