MENU
最新情報・お知らせ

ペイジェントの多通貨決済サービスの利用開始

2013.12.04プレスリリース

バニラエア(所在地:千葉県成田市、代表取締役社長:石井知祥)は本日2013年12月4日、台湾における航空券の販売開始に伴い、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)の子会社(※1)である、株式会社ペイジェント(代表取締役社長:上林 靖史、以下ペイジェント)が提供する多通貨決済サービスの利用を開始したことをお知らせいたします。

ペイジェントのモジュールを利用することで、外貨建てでのクレジットカード決済に対応することが可能となるため、海外のお客様は為替の変動を気にすることなく、自国の通貨表記で表示された金額を見ながら、安心してサービスを利用することができるようになります。

加えて、ペイジェントの対応する「多通貨決済サービス」を通じて決済を行った売上は、三井住友カードが外貨を円に転換し、ペイジェント経由の円建てでバニラエアに支払われるため、直接多通貨決済に対応することに比べ、両替・精算等の外貨取扱いにかかる業務負担の大幅な軽減が期待できます。
(※1)DeNA、株式会社三菱東京UFJ銀行、農林中央金庫の共同出資

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

平素よりバニラエアをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、通常通りの運航を予定しております。
皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

2019-07-16 05:05