MENU
最新情報・お知らせ

業務改善勧告に対する改善措置について

2017.07.31お知らせ

業務改善勧告に対する改善措置について

バニラ・エア株式会社(本社:千葉県成田市 代表取締役社長 五島 勝也 以下、バニラエア)は、2017年6月27日に国土交通省航空局より「旅客の的確な誘導について(勧告)」を受け、「再発防止策の実施体制の整備及びその履行」と「輸送の責任主体としての意識の再徹底」について、改善措置を本日提出いたしましたので、下記のとおりご報告いたします。
本勧告を受け、ご利用いただく多くのお客様をはじめ、関係する皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。
今後、改善措置の徹底に加え、役職員一同で輸送の責任主体としての意識の再徹底を図り、当社主導により関係各社と連携し、的確な旅客誘導のもと安全な運航・運送を行ってまいります。

1. 「再発防止策の実施体制の整備及びその履行」について
・バニラエア、東京空港交通株式会社、成田国際空港株式会社において再発防止策の周知徹底を実施した。
・三社は、自社または委託先会社における新規入社社員への教育体制を構築した。また、関係全社員への定期的な教育を行い再発防止策の定着を図る。
・三社は新たに必要な防止手順を明文化し、「共通手順書」を設定した。
・各社での定期的な業務点検に加え、三社合同会議、合同巡視による横断的な点検を行い、履行状況を踏まえた改善対応を継続的に実施する。

2. 「輸送の責任主体としての意識の再徹底」について
・バニラエアの全役職員を対象に輸送の責任主体であることを再徹底するための社員意識教育を実施する。
・三社間にて国際線到着旅客輸送業務の運用に関する「覚書」を締結し、相互に点検、報告、協議を実施する管理体制を構築した。
・旅客取扱業務の委託先に対する業務監査において、「旅客誘導に関わるチェック項目」を新設した。

3. 「社内処分」について
・業務改善勧告を重く受け止め、以下の役員に対して処分を実施。

取締役会長

石井 知祥

減俸30%(1か月)

取締役副会長

田中 龍郎

減俸10%(1か月)

代表取締役社長

五島 勝也

減俸30%(1か月)

取締役副社長

山室 美緒子

減俸10%(1か月)

常務取締役
(オペレーション本部長)

猪木 康正

減俸10%(1か月)

最後に改めましてご迷惑とご心配をおかけした皆様に、深くお詫び申し上げます。

この度の業務改善勧告を厳粛に受け止め、再発防止策の履行に徹底的に取り組む所存です。輸送主体である航空会社としての責任の重さを強く再認識し、信頼回復に努めてまいります。

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

平素よりバニラエアをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、通常通りの運航を予定しております。
皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

2017-08-17 16:40