MENU
最新情報・お知らせ

2017年10月 下地島空港(沖縄県宮古島市)で 操縦士訓練の実機飛行を開始

2017.09.13プレスリリース

2017年10月 下地島空港(沖縄県宮古島市)で
操縦士訓練の実機飛行を開始

バニラ・エア株式会社(所在地:千葉県成田市、代表取締役社長:五島勝也)は10月11日より下地島空港(沖縄県宮古島市)で操縦士訓練の実機飛行を開始致します。それに先立ち、9月13日、代表取締役社長 五島勝也が沖縄県の浦崎唯昭副知事を表敬訪問し、訓練の受け入れに関する感謝の意をお伝えします。

2014年度以降、実機飛行は今まで他空港で実施してきた実績がありますが、下地島空港では、実機飛行の設定に際し、日程や時間帯の調整に関する自由度が相対的に高いことなどから、乗員訓練計画に基づく柔軟な時期設定、訓練による機材控除期間の短縮、1回の訓練フライト時間の短縮が見込める等、これまで以上に安定的かつ効率的な訓練が可能となると考えております。

バニラエアでは今後も、計画的な操縦士訓練に取り組み、より高品質な運航サービスが提供できるよう努めてまいります。

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

台風の影響に伴い、石垣空港を離発着する便が欠航となりました。

JW811:台風17号の影響に伴い成田空港への引き返し
JW812:台風の影響による機材繰り

 

ご利用のお客様へは、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

 

 

2019-09-20 14:30