MENU
最新情報・お知らせ

レジャー・リゾート旅のワクワク感をさらに盛り上げます♪ 新内装の機材、10月1日より運航開始!

2014.10.01プレスリリース

バニラエア
レジャー・リゾート旅のワクワク感をさらに盛り上げます♪

新内装の機材、10月1日より運航開始!

新内装の機材、10月1日より運航開始!

バニラエア(代表取締役社長:石井知祥、本社:千葉県成田市)はレジャー・リゾート路線のLCCにふさわしい、明るくポップな雰囲気の新内装の飛行機(機種:エアバス社製 A320、JA04VA、新造機)を本日2014年10月1日(水)より運用開始いたします。

バニラエアとして4機目の新造機となる当機材は、2014年9月26日(現地時間)にフランス・トゥルーズを出発した後、カザフスタンの首都アスタナを経由し、2014年9月28日(火)8時48分に無事、成田国際空港に到着いたしました。

これまでの機材ともっとも異なる点は、バニラエアの世界観を全面に打ち出した、その内装。お客様にリラックスして機内での時間をお過ごしいただけるよう、シート(座席)やカーペットには豊かな海をイメージさせる、落ち着いた深いブルーを採用。壁や棚には、太陽を連想させる明るいバニライエローをベースに、旅のワクワク感を演出するポップなバニラフラワーを配しています。また、搭乗・降機時にはリゾート感溢れるバニラエアのオリジナル音楽が流れ、お客様をこころ躍るレジャー・リゾート旅へ誘います。

バニラエアでは、2014年11月2日(日)より東京(成田)=香港線、2015年2月1日(日)より東京(成田)=高雄線に就航いたします。路線ネットワークの拡大に伴い、今後、同仕様の新造機2機を順次導入いたします。

新内装の主な特徴

【シート】
イタリア製の本革を使用。海のような深いブルーを基調としたシートに、シートベルトの水色が映えます。背面のポケットのネットのデザインは角を丸くし、ソフトな印象にしました。また、シート全体を軽量化し、スリムなシルエットに!1列目のリラックスシートは1号機と比べ、約23cm広く、快適になりました。
シート
カーペット
【カーペット】
シートとの一体感を出しつつ、機内で心地良くお過ごしいただけるよう、落ち着いたブルーに同系色の青いバニラフラワーを咲かせました。

思わずスキップしたくなるような、楽しく軽やかな旅を表現しています。
【壁】
搭乗時に真っ先に目に入る後方の壁には、太陽を連想する明るいバニライエローが輝き、華やかなシロのバニラフラワーが旅の高揚感を演出します。

また、手荷物を入れる棚の下に位置するシートローサイン(シート番号が書かれている部分)にもイエローを用い、後方から明るい光が差し込んでくるようなデザインにしています。
壁面

新内装の主な特徴

シート
【シート】
イタリア製の本革を使用。海のような深いブルーを基調としたシートに、シートベルトの水色が映えます。背面のポケットのネットのデザインは角を丸くし、ソフトな印象にしました。また、シート全体を軽量化し、スリムなシルエットに!1列目のリラックスシートは1号機と比べ、約23cm広く、快適になりました。
カーペット
【カーペット】
シートとの一体感を出しつつ、機内で心地良くお過ごしいただけるよう、落ち着いたブルーに同系色の青いバニラフラワーを咲かせました。

思わずスキップしたくなるような、楽しく軽やかな旅を表現しています。
壁面
【壁】
搭乗時に真っ先に目に入る後方の壁には、太陽を連想する明るいバニライエローが輝き、華やかなシロのバニラフラワーが旅の高揚感を演出します。

また、手荷物を入れる棚の下に位置するシートローサイン(シート番号が書かれている部分)にもイエローを用い、後方から明るい光が差し込んでくるようなデザインにしています。

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

台風の影響に伴い、石垣空港を離発着する便が欠航となりました。

JW811:台風17号の影響に伴い成田空港への引き返し
JW812:台風の影響による機材繰り

 

ご利用のお客様へは、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

 

 

2019-09-20 14:30