MENU
アイコンCSSクラス: 
yellow
最新情報・お知らせ

Regarding operation of Vanilla Air flights and transfer of routes in association with the merger of Peach and Vanilla Air

2018.12.17プレスリリース

Peach Aviation Limited
Vanilla Air Inc.

Regarding operation of Vanilla Air flights and transfer of routes
in association with the merger of Peach and Vanilla Air

Tokyo/Osaka 17 December, 2018 - Today, Peach Aviation Limited (“Peach”; Representative Director and CEO: Shinichi Inoue) and Vanilla Air Inc. (hereinafter, Vanilla Air) are pleased to announce the details of the operation of Vanilla Air flights and the transfer of routes to Peach in association with their merger as follows.

・ Flight operations as Vanilla Air will end on October 26, 2019.
・ The number of Vanilla Air routes and flights will gradually be reduced during the summer schedule (March 31 ~ October 26, 2019).
・ Peach will gradually take over Vanilla Air’s route network.

   
Route Number of flights per day Vanilla Air operations end date Date of Peach inaugural flight, operational schedule, etc.
Osaka (Kansai) ~ Taipei (Taoyuan) One round trip May 7 Operated as Peach: From June 29
Tokyo (Narita) ~ Okinawa (Naha) One round trip May 31 Operated as Peach: From June 1
Okinawa (Naha) ~ Taipei (Taoyuan) One round trip May 31 Operated as Peach: From June 28
Tokyo (Narita) ~ Sapporo (New Chitose) Six or eight round trips August 31 Operated as Peach: From September 1
Tokyo (Narita) ~ Amami Oshima One round trip August 31 Operated as Peach: From October 1
Osaka (Kansai) ~ Amami Oshima One round trip May 6 Scheduled to operate as Peach throughout the winter.*1
Tokyo (Narita) ~ Kaohsiung One round trip September 30
Tokyo (Narita) ~ Ishigaki One round trip September 30
Tokyo (Narita) ~ Taipei (Taoyuan) Three round trips October 26
Fukuoka ~ Taipei (Taoyuan) One round trip October 26
Tokyo (Narita) ~ Hakodate One round trip March 30 Abolished
Tokyo (Narita) ~ Hong Kong One round trip May 31 Abolished, and Peach will operate between Okinawa (Naha) and Hong Kong from June 28.
Okinawa (Naha) ~ Ishigaki Two round trips May 31 Abolished*2

*1 Winter schedule: October 27, 2019 to March 28, 2020
*2 Planned to operate as Peach between Tokyo (Narita) and Ishigaki (increased number of flights), and between Osaka (Kansai) and Ishigaki (increased number of flights) for the winter schedule.*1

Peach and Vanilla Air will merge in fiscal 2019. The post-merger brand will be Peach. Peach will strive to increase competitiveness in Asia, cultivate new demand, and secure the increase in demand to visit Japan by merging both airlines’ route networks and building on the brand strength that has accumulated.

Peach will also use over 50 aircraft from 2020 to further enhance route network linkage between Japan and Asia, and will aim to proactively enter the medium-range LCC field to become the leading LCC representing Asia.

最新情報・お知らせ

Peachとバニラエアの統合に伴う バニラエア便の運航ならびに路線の移管について

2018.12.17プレスリリース

Peach Aviation株式会社
バニラ・エア株式会社

Peachとバニラエアの統合に伴う
バニラエア便の運航ならびに路線の移管について

Peach Aviation株式会社(以下:Peach)ならびに、バニラ・エア株式会社(以下:バニラエア)は、本日、両社の統合に伴う、バニラエアの運航ならびにPeachへの路線移管などについて次の通り発表しました。

・ バニラエアとしての運航は、2019年10月26日で終了
・ サマーダイヤ期間(2019年3月31日〜10月26日)に、バニラエアの路線や便数は段階的に縮小
・ Peachは、バニラエアの路線網を段階的に引き継ぐ*

<Peachが引き継ぐバニラエアの路線などについて>

   
路線 1日あたりの便数 バニラエアとしての運航終了日 Peachとしての就航日、就航予定など
大阪(関西) − 台北(桃園) 1往復 5月7日 Peachとして就航: 6月29日から
東京(成田) − 沖縄(那覇) 1往復 5月31日 Peachとして就航: 6月1日から
沖縄(那覇) − 台北(桃園) 1往復 5月31日 Peachとして就航: 6月28日から
東京(成田)− 札幌(新千歳) 6-8往復 8月31日 Peachとして就航: 9月1日から
東京(成田) − 奄美 1往復 8月31日 Peachとして就航: 10月1日から
大阪(関西)− 奄美 1往復 5月6日 ウィンターダイヤ期間*1に、Peachとして就航 予定
東京(成田)− 高雄 1往復 9月30日
東京(成田)− 石垣 1往復 9月30日
東京(成田) - 台北(桃園) 3往復 10月26日
福岡 − 台北(桃園) 1往復 10月26日
東京(成田) − 函館 1往復 3月30日 廃止
東京(成田)− 香港 1往復 5月31日 廃止し、6月28日からPeachの沖縄(那覇)− 香港線が就航
沖縄(那覇) − 石垣 2往復 5月31日 廃止

*1 ウィンターダイヤ期間: 2019年10月27日〜2020年3月28日
*2 ウィンターダイヤ期間*1に、Peachの東京(成田)−石垣線、大阪(関西)−石垣線をそれぞれ1日2往復に増便予定

Peachとバニラエアは、2019年度中を目途に統合します。統合後のブランドはPeachとなり、Peachは、これまで築いてきたブランドの強みに加え、両社の路線ネットワークを融合することで、アジアにおける競争力を高め、新規需要の開拓や旺盛な訪日需要の獲得を推し進めてまいります。

また、2020年以降、50機以上の規模で日本とアジアをつなぐ路線ネットワークのさらなる拡充を図り、中距離LCC領域にも積極的に進出することで、アジアを代表するリーディングLCCを目指してまいります。

最新情報・お知らせ

香草航空 2019年夏季航班開賣 香港-東京單程HK$588起

2018.12.17プレスリリース

香草航空
2019年夏季航班開賣
香港-東京單程HK$588起
12月17日下午2時 網上發售

運賃

由ANA HOLDINGS INC. 100%出資的日本低成本航空─香草航空 (總部:千葉縣成田市;董事長:井上慎一),宣布於今天(2018年12月17日)下午2時於官網開售2019年夏季時間表航班。香港=東京(成田)單程最低票價為港幣$588,並不收取燃油附加費。盡快計劃你的下一個東京之旅吧!
2019年夏季時間表航班適用之出發日期為2019年3月31日至5月31日,每星期七班航班直航往來香港與東京 (成田),香港出發時間為下午15:45;東京(成田)出發時間為早上10:35 (詳情請參閱附件)。
夏季航班月份暢遊日本,豈止觀光和購物!夏季開始,日本到處繁花盛開。櫻花、梅花、杜鵑花、紫藤花等一定會令你眼前一亮!及早規劃旅程,把握香草航空最新的優惠票價,約定旅伴於夏季體驗不同的玩樂方式!全日系低成本航空─香草航空,在新一季繼續期待與遊日旅客在航班上見面,創造更多優質的低成本旅程!

2018年夏季航班時間表

香港 → 東京(成田)

航班號碼 航班日期 星期 起飛 到達
JW304 3月31日至5月31日 每天 15:45 21:10

東京(成田) → 香港

航班號碼 航班日期 星期 起飛 到達
JW303 3月31日至5月31日 每天 10:35 14:55

※航班時間均以當地時間顯示。

※條款、票價、航班時間如有任何變動,恕不另行通知。

最新情報・お知らせ

春夏日本歡樂之旅 香草航空2019夏季航班開賣!

2018.12.17プレスリリース

春夏日本歡樂之旅 香草航空2019夏季航班開賣!

運賃

全日空(ANA)旗下100% 出資成立的香草航空訂於2018年12月17日台灣時間下午2點正式開賣2019年夏季航班機票。
台灣人重視家庭,每年一到春天必定要和家人出國渡假聯繫感情,鄰近的日本長期以來都是最受喜愛的渡假勝地。特別是東京和大阪兩大城市,便利的交通網絡,搭配春暖花開的粉紅櫻花美景,往往是子女孝順父母出國旅遊的首選。
香草航空目前國際線提供從台灣出發到東京、大阪、沖繩、福岡的航班服務,正是您春季賞櫻的絕佳選擇。沖繩以夢幻海景聞名,也是台灣旅客心中人氣最旺的夏季旅遊地點。此外,2018年新增的台北=福岡航線表現亮眼,想到九州體驗優質的別府溫泉或到湯布院欣賞遼闊的大自然風光,把握開賣契機,搶先一步預定您的美好假期!
2019年日本將迎來超級10連休黃金週假期,赴日旅遊務必提早規劃、提早購票,多一點事前準備,巧妙的避開旅遊高峰期,便能玩得開心也玩得超值!

2019年夏季航班票價表

航線 適用搭乘日期 繽紛香草 原味香草
台北↔福岡 2019/3/31~2019/10/26 新台幣2,398元起 新台幣1,598元起
台北↔沖繩 2019/3/31~2019/5/31 新台幣2,278元起 新台幣1,678元起
台北↔大阪 2019/3/31~2019/5/7 新台幣2,788元起 新台幣1,988元起
台北↔東京 2019/3/31~2019/10/26 新台幣2,798元起 新台幣1,998元起
高雄↔東京 2019/3/31~2019/9/30 新台幣2,998元起 新台幣2,198元起

最新情報・お知らせ

12月17日15時より 2019年夏期運航スケジュールの航空券販売を開始します!

2018.12.17プレスリリース

12月17日15時より
2019年夏期運航スケジュールの航空券販売を開始します!

運賃

バニラエア(代表取締役社長:井上慎一、所在地:千葉県成田市)は、2018年12月17日(月)15時より、2019年夏期運航スケジュールの航空券販売を開始いたします。
対象期間は、国内線は2019年3月31日(日)~2019年5月31日(金)ご搭乗分、国際線は2019年3月31日(日)~2019年10月26日(土)ご搭乗分です。なお、国内線の2019年6月1日以降分については1月下旬より販売予定です。
今年7月の就航以来ご好評いただいております東京(成田)=石垣線は、引き続き東京を午前発、石垣を午後発というご利用しやすいダイヤで毎日 1往復運航します。バニラエアで夏を先取りして、長めのバカンスをお楽しみください。
また東京(成田)=札幌(新千歳)線は、毎日最大8往復、朝・昼・夜とお客様のご予定に合わせて選べる便利なダイヤで運航します。雪溶けを迎える春の札幌へと、お気軽にご旅行いただけます。
さらに東京(成田)=奄美大島線は、5月7日から成田午前発にダイヤを変更し、東京からご出発されるお客様は奄美での滞在時間が長くなります。バニラエアが奄美の手つかずの大自然へとお求めやすい運賃でお連れします。
国際線では、引き続き東京・大阪・福岡・沖縄の4都市から台北路線が充実。東京(成田)からは毎日最大3往復、大阪(関西)・福岡・沖縄(那覇)からは毎日1往復を運航、バニラエアで台北のグルメと絶景を思う存分味わってみてはいかがでしょうか。詳しいスケジュールはバニラエア公式ウェブサイト(https://www.vanilla-air.com/jp/)にてご確認ください。
そして、これまで多くの皆様にご利用いただきましたバニラエアの運航は、10月26日(土)をもちまして終了となります。夏期運航スケジュールからは、最終日に向けて路線・便数を段階的に減らしてまいりますので、各路線の運航終了日、今後のPeachへの路線移管等に関しましては共同リリースにてご確認ください。
最後の1日までバニラエアらしく、お客様にわくわくする新しい体験をお届けしてまいりますので、引き続きバニラエアでおトクな旅をお楽しみください!皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

2019年夏期運航スケジュール 販売概要

【販売開始日時】2018年12月17日(月)15:00~

【販売場所】バニラエア公式ウェブサイト、予約センター(有料)、各種航空券検索サイト

【対象路線、対象期間】

   
対象路線 対象期間
国内線 東京(成田)=札幌(新千歳)、奄美大島、沖縄(那覇)、石垣
大阪(関西)=奄美大島
沖縄(那覇)=石垣    
2019年3月31日(日)~2019年5月31日(金)
国際線 東京(成田)=台北(桃園)、高雄、香港
大阪(関西)=台北(桃園)
沖縄(那覇)=台北(桃園)
福岡=台北(桃園)
2019年3月31日(日)~2019年10月26日(土)

※東京(成田)=函館線は2019年3月30日(土)をもちまして廃止いたします。

【販売運賃】

<国内線>

路線 コミコミバニラ/片道 シンプルバニラ/片道
東京(成田)=札幌(新千歳) 6,480円~ 4,480円~
東京(成田)=奄美大島 8,880円~ 6,880円~
東京(成田)=沖縄(那覇) 7,780円~ 5,780円~
東京(成田)=石垣 9,480円~ 7,480円~
大阪(関西)=奄美大島 6,780円~ 4,780円~
沖縄(那覇)=石垣 4,080円~ 3,780円~

<国際線>

路線 コミコミバニラ/片道 シンプルバニラ/片道
東京(成田)=台北(桃園) 9,750円~ 6,750円~
東京(成田)=高雄 10,180円~ 7,180円~
東京(成田)=香港 12,880円~ 8,880円~
大阪(関西)=台北(桃園) 8,980円~ 5,980円~
福岡=台北(桃園) 8,680円~ 5,680円~
沖縄(那覇)=台北(桃園) 8,380円~ 6,380円~

【運賃・運航スケジュールに関する特記事項】

※上記記載の運賃は 1 席あたりの片道運賃(消費税込み)です。別途、支払手数料と空港施設使用料がかかります。

※燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)はいただいておりません。

※関係当局への申請、認可を前提としております。運航スケジュール・便数・運賃額・ご利用条件は予告なく変更および追加設定する場合がございます。

「バニラエアポイントプログラム」に関しまして

多くの方にご利用いただいております「バニラエアポイント」につきましては、バニラエアの運航終了に合わせプログラムの終了を予定しております。今後の対応につきましては、詳細が決まり次第お知らせいたします。

最新情報・お知らせ

【2019年3月18日起】 沖繩那霸機場航廈遷移重要通知

2018.12.13プレスリリース

【2019年3月18日起】
沖繩那霸機場航廈遷移重要通知

香草航空(代表取締役社長:井上慎一)日本國內沖繩航點那霸國際機場報到櫃台預計於2019年3月18日正式搬遷,屆時將搬遷至日本國內線與國際線之間的際內連結航廈3樓(如上圖★所示),省下等待LCC航廈接駁巴士的時間,更能輕鬆的享受美好的空中旅程。

最新情報・お知らせ

【2019年3月18日より】 那覇空港における使用ターミナル移転のお知らせ

2018.12.12プレスリリース

【2019年3月18日より】
那覇空港における使用ターミナル移転のお知らせ

バニラエア(代表取締役社長:井上慎一、所在地:千葉県成田市)は、2019年3月18日の那覇空港際内連結ターミナルビルの供用開始に伴い、那覇空港にて使用するターミナルを、現在のLCCターミナルから那覇空港ターミナルへ移転することをお知らせいたします。
これにより、混雑時に無料シャトルバスをお待ちいただく時間が無くなり、空の旅を今まで以上に気軽にお楽しみいただけます。
新しいカウンターは、国内線と国際線ともに際内連結ターミナルビルの3F(★印)となります。

バニラエアは、安全運航とお求めやすい運賃を提供し、お客様の利便性の向上に努めて参ります。

最新情報・お知らせ

機内食「Flight Kitchen」冬メニューが登場

2018.11.30プレスリリース

機内食「Flight Kitchen」冬メニューが登場
寒い冬に心も体も温まるフライトごはん♪

 12月1日(土)より機内食「Flight Kitchen」が冬メニューに衣替え
 函館商業高等学校と共同開発した「ごろっと!ほっこり!スープカレー」がお披露目
 お客様の声にお応えし、大人気メニューが復活!

バニラ・エア株式会社(所在地:千葉県成田市、代表取締役社長:井上慎一)は、2018年12月1日(土)より、「Flight Kitchen」冬メニューの販売を開始いたします。

冬メニューには函館商業高等学校と共同開発した「ごろっと!ほっこり!スープカレー」(850円)が登場!きっかけは2017年8月に横浜で開催された「商業高校フードグランプリ2017」。同校の生徒と地元函館のレストランが共同開発したメニューの“斬新なアイディア”と、取り組みを通じて感じた”地元への熱い想い”に心を奪われ、同校へアプローチ。2018年3月に本プロジェクトが始動しました。同年5月には、流通ビジネス科の3年生37人が6チームとなり、それぞれ1品ずつ機内食を提案する選考会を実施。合計6品の中から当メニューが選ばれました。

性別・年代問わず一人でも多くのお客様に召し上がっていただけるよう、チキンベースのスープは程よい辛さに仕上げ、素揚げした野菜はゴロゴロ感と彩りが残るよう、最後に盛り付けるよう工夫しました。容器は、急な揺れが発生してもスープがこぼれにくいように底が深いものを採用しています。スープとターメリックライスを分けて搭載する、バニラエアの機内食では初となる2つの容器を使用したメニューです。

また、今回はお客様の声にお応えして、バニラエア就航当初より人気が高いメニューが復活!まずは、「“復活”みんな大好きガッツリ牛丼」(750円)。とろみのある甘だれと牛肉は絶妙なバランス◎さらに食感のアクセントとしてインゲンマメと紅しょうがを添えました。

大好評のクリームパンは、人気のフレーバーが期間限定で復活。12月~1月は程よい甘さと酸味の「バニラエア特製 とろ~りイチゴクリームパン」(350円)、2月~3月は、程よい苦みと上品な風味の「バニラエア特製 とろ~り宇治抹茶クリームパン」(350円)がご賞味いただけます。

その他、新商品の「彩り鮮やかおもてなし弁当 」(850円)は、紅白かまぼこや昆布巻きが入った一足先に新年の訪れを感じさせてくれるお節風弁当です。

冬メニューの販売期間は、2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)※までの4ヶ月間です。新メニューとともに、皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

  • 一部販売開始日、販売終了日が前後する便があります。写真はイメージです。

Flight Kitchen Vstore冬メニュー

彩り鮮やかおもてなし弁当 (850円)

“復活”みんな大好きガッツリ牛丼(750円)

    ※ご利用便により、取扱商品を限定させていただく場合がございます。 詳しくは客室乗務員にお問い合わせください。
    ※商品価格はすべて税込となります。

最新情報・お知らせ

奄美群島の魅力を大特集! 冬の奄美は、スクープだらけ!#衝撃リポー島

2018.11.28プレスリリース

【往復航空券プレゼントキャンペーン】
奄美群島の魅力を大特集!
冬の奄美は、スクープだらけ!#衝撃リポー島

「奄美群島の魅力を大特集!冬の奄美は、スクープだらけ!#衝撃リポー島

バニラ・エア株式会社(所在地:千葉県成田市、代表取締役社長:井上慎一)は、2018年11月~2019年2月の間、冬の奄美群島の魅力をお伝えする奄美群島特集企画、「冬の奄美は、スクープだらけ!#衝撃リポー島」を実施いたします。

“東洋のガラパゴス”とも称される奄美群島には、手付かずの美しい自然が残っているリゾート地です。そんな奄美群島には、夏とは違う冬の奄美だからこそ見られる驚きの魅力が潜んでいます。その魅力を“衝撃のスクープ“として、現地へ乗り込んだリポーターたちが紹介していく特設サイト「冬の奄美は、スクープだらけ!#衝撃リポー島」をオープンし、知られざる冬の奄美の魅力をお届けいたします。

さらに、キャンペーン期間中は奄美までの往復航空券が当たるプレゼント企画を実施し抽選で毎月1組2名様を衝撃の旅へご招待いたします。キャンペーンに参加してぜひ奄美へ衝撃の真相を確かめに行ってみてはいかがでしょうか。 詳しくは特設サイトをご覧ください。(https://www.amami-report.com)

バニラエアでは、東京(成田)・大阪(関西)より奄美大島へ毎日運航し、お求めやすい運賃を提供しております。ぜひ、この機会にバニラエアをご利用いただき、奄美でしか体験できない貴重な経験をしてみてはいかがでしょうか。

【キャンペーン特設サイトURL】

https://www.amami-report.com

【キャンペーン期間】

2018年11月28日( 水) ~2019年2月28日( 木)

【応募方法】

上記期間中にTwitterで『バニラエア』公式アカウント( @VanillaAir_JW)をフォローし、 Twitterで「#衝撃リポー島」とハッシュタグをつけて投稿いただいた方の中から、下記賞品を抽選で1組2名様にプレゼントいたします。

【賞品】

成田空港または関西国際空港から奄美大島までの往復航空券1組2名様。
※ ご利用期間などの賞品詳細はご当選者のみにお伝えします。

【抽選・当選発表】

<第一回抽選> 2018年11月28日( 水) ~ 2018年12月28日( 水) までにご応募の方:
2019年1月中旬頃進呈

<第二回抽選> 2018年12月29日( 木) ~ 2019年 1月28日( 月) までにご応募の方:
2019年2月中旬頃進呈

<第三回抽選> 2018年 1月29日( 火) ~ 2019年 2月28日( 木) までにご応募の方:
2019年3月中旬頃進呈

※ 詳細はキャンペーン特設サイトをご確認ください

◎ 奄美群島について

奄美群島は、九州本土の南に点在するトカラ列島と沖縄諸島の間に連なる奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、沖永良部島、 与論島の8つの有人島からなる島々で、アマミノクロウサギなどの希少野生動植物が生息・生育する亜熱帯の森や美しいサンゴ礁などが多くの人々を魅了しています。 世界自然遺産登録を目指し、自然保護活動に力を入れています。

最新情報・お知らせ

役員体制の変更について

2018.10.23プレスリリース

役員体制の変更について

バニラ・エア株式会社(代表取締役社長:五島 勝也、以下「バニラエア」)は、Peach Aviation株式会社(代表取締役CEO:井上 慎一、以下「Peach」)との統合作業を着実かつ円滑に進め、アジアを代表するリーディングLCCに向け力強くスタートダッシュを切ることを目指し、役員体制の変更を予定致しておりますことを、お知らせいたします。

◆11月2日以降の役員体制(予定)

氏名
井上 慎一
(新任)
代表取締役 社長
(Peach Aviation(株) 代表取締役 CEO)
森 健明
(新任)
取締役 副社長
(Peach Aviation(株) 取締役 副社長)
猪木 康正
(留任)
常務取締役 オペレーション本部長 兼 インフライトサービス部長
木村 敏也
(留任)
取締役 運航部長
(Peach Aviation(株) 運航本部 副本部長)
髙橋 正尚
(留任)
取締役 整備部長
竹内 健
(留任)
取締役 総務部長
峯口 秀喜
(留任)
取締役
(ANAホールディングス(株) グループ経営戦略室 経営企画部 部長)
石田 洋平
(留任)
取締役
(全日本空輸(株)執行役員、ANA成田エアポートサ-ビス(株)代表取締役社長)
辻岡 裕
(留任)
監査役
(ANA中部空港(株) 監査役)
殿元 清司
(留任)
監査役
(ANAホールディングス(株)監査役、全日本空輸(株)監査役)

アンダーライン: 新役職 、 ( )カッコ内:他役職
・取締役会長 田中 龍郎、代表取締役社長 五島 勝也は退任予定
・11月2日の臨時株主総会にて取締役選任予定

ページ

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

平素よりバニラエアをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、通常通りの運航を予定しております。
皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

2018-12-18 22:30