MENU
サービス紹介

機材・シートについて

バニラエアでは、エアバス社の旅客機であるA320(180席)の旅客機を使用しています。

機材

A320

シート

アイコンをタップ

SEAT MAP

リラックスシートは、スタンダードシートよりも足元に余裕のある座席です。 特に人気の1列目は大人の男性が足を伸ばしても前の壁に足が届かないほど。機内をゆったりお過ごしできると大変好評です。 リラックスシートは座席数に限りがございますので、お早めにご予約ください! ※12列目、14列目は非常口座席です。12列目はリクライニングできません。ご了承ください。

バニラエアの新シートは全席イタリア製の本革を使用。軽量化しながらも、自然な姿勢が保てるようデザインされています。 ご家族・お友だちなど、グループのお客様にもオススメです。お隣同士で、フライト中におしゃべりを楽しみたいというお方は、コミコミバニラ運賃を購入いただければ、無料で座席指定できます。 より心地のよい空の旅をご希望のお客様は、リラックスシートのご予約をオススメします。

前方2列目から5列目の座席。搭乗時・降機時に便利です。

11、12、31列目の座席はリクライニングしない座席です。 「リクライニングするシートで快適に過ごしたい…」という方は、コミコミバニラ運賃がオススメ。無料でスタンダートシートの座席指定ができます。 ご希望の座席をお選びいただき、快適な空の旅をお楽しみください。

飛行機の主翼が窓越しに見える、飛行機好きにはたまらない座席です。一般的に主翼の上は機内で最も揺れが少なく、乗り心地が良いと言われています。 ただし、翼の上は主翼で視界が少し遮られてしまいますので、「外の景色を存分に楽しみたい!」という方は、その他の窓側座席がオススメです。

出入口は前方の1カ所となります。
目的地に到着し、いち早く旅先の空気を吸いたいという方は、前方座席がオススメ。

非常口は、機内前方、後方、中間部にあります。機内中間部の非常口付近12A~12F、14A~14Fは、非常口座席となります。 非常口座席をご利用の場合は、諸条件に同意いただく必要がございますので、ご予約時に、ウェブサイトにて詳細をご確認ください。

お手洗いは前方に1カ所、後方に2カ所あります。 お手洗いが近くなりがちな方は、後方通路側がオススメ。 移動距離やご自身の体調を考えた、ベストな座席をお選びください。

通路および座席下のカーペットにはおちついた青を基調としたバニラフラワーが、後方に見える壁には華やかなイエローのバニラフラワーが旅のわくわく感を盛り上げてくれます。

ミール(機内食やドリンク、スイーツ)やオリジナルグッズ等の販売は前・後方から始まります。その近くの座席に座れば、いち早く購入できるチャンスかも!? いち早く購入できなくても、フライトアテンダント(FA)にお声がけください。ご用件をお伺いに参りますので、お手元のメニューブック"Flight Kitchen"でミールやグッズを想像しながら、お待ちください。

フライトアテンダント(FA: 客室乗務員)の座席は、機内前方と後方にあります。 機内ではバニラエアのFAが皆様の安全と、楽しく快適な空の旅をサポートいたします。

機長(キャプテン)の席は、コックピットの左側。 皆様が入ることのできないコックピットで、安全運航第一で操縦しております。

副操縦士(ファースト・オフィサー)の席は、コックピットの右側。 皆様が入ることのできないコックピットで、機長を支えながら安全運航第一で操縦しております。

SEAT MAP

非常口座席について

12列目、14列目は非常口座席です。

お客様の安全を確保するため、非常口座席には国土交通省の通達に基づいた、以下すべての項目を満たすお客様に限りご着席いただけます。万一の場合、客室乗務員の指示のもと、 緊急脱出時の援助をお願いします。あらかじめご了承ください。下記項目に該当しないお客様は座席を変更させていただきます。

  • 英語または日本語で客室乗務員と口頭で会話ができる方
  • 満15歳以上の方
  • 満12歳未満のお客様をお連れではない方
  • ご搭乗に際して付き添いの方や係員のお手伝いを必要としない方
  • エクストラシート、または大型楽器のための座席を購入されていない方
  • 緊急脱出援助にご同意いただける方
  • 脱出手順の案内および乗務員の指示を理解し、他のお客様へ口頭で伝えられる方
  • 妊婦の方は出産予定日から28日以内ではない方
  • 医療用酸素ボトルをお持込されない方
  • ご注意:
  • 12列目につきましてはリクライニングできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 機内にお持込の手荷物は客室内の収納棚に入れていただきます。

よくあるご質問

非常口座席に着席した場合、どのような援助を行えばよいのですか?

客室乗務員がお客様に指示させていただく援助の内容は、主に以下の5点です。

  1. 客室乗務員が非常口を完全に開放するまでの間、他のお客様を制止すること
  2. 客室乗務員の指示に従い、機外が安全であることを確認して、非常口ドアを操作し開放すること
  3. 脱出スライドが膨らんだ後、他のお客様を速やかに脱出させること
  4. 脱出スライドまたは脱出口下において後から脱出する他のお客様を援助すること
  5. 速やかに機体から遠くへ離れて避難するよう声をかけること
上記以外にも必要に応じて、客室乗務員が指示させていただくこともあります。

なぜ満15歳未満は着席不可なのですか?

緊急時に客室乗務員の指示に従い、手動で非常口ドアを開放する等、援助していただくには一定の体力、実行能力等が必要となります。今般の国土交通省による「運航規程審査要領細則」にて、満15歳に達していれば援助が可能と判断され、満15歳未満のお客様は着席いただけないこととなりました。
なお、日本国内では、労働基準法において原則満15歳に達していれば労働可能になること、医薬品においては成人とは満15歳以上としている等、体力面からは満15歳が目安となる事例があります。

緊急時に同伴者の援助をしなければならない場合は、非常口座席に着席できないのですか?

小さなお子様(満12歳未満)、ご高齢の方、障がいをお持ちの方などの同伴者で同伴する方の脱出を援助する必要があるお客様は、緊急脱出の援助に専念できないため、非常口座席に着席いただけません。

現在は健康ですが、非常口座席を指定後、具合が悪くなった場合は座席を変更しなくてはならないのですか?

緊急時の脱出援助を行っていただくことが条件ですので、援助ができない場合は、その時点で係員(予約係員、空港係員、客室乗務員等)にご申告ください。非常口座席以外の座席へ変更いたします。

非常口座席に誰も着席していない場合、安全上問題はないのでしょうか?

客室乗務員は、お客様の援助がない場合においても、緊急脱出を速やかに行う訓練を受けていますので、非常口座席が空席であっても問題はありませんが、非常口座席に援助の同意をされている方が着席していることにより、より一層速やかな緊急脱出が可能になると考えています。

ウェブチェックインは日本国内線のみとなります。
国際線のチェックインは空港カウンターにて承ります。

平素よりバニラエアをご利用いただき、誠にありがとうございます。
現在、通常通りの運航を予定しております。
皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

2018-12-10 05:00